からだ
くらし

夏バテ予防に、昆布入り緑豆スイートスープ【胃をいたわる広東家庭料理レシピ】

夏バテ症状の原因が、実は胃の不調からきていることも。
胃を元気にしてくれるレシピを紹介します。
  • 撮影・柳原久子 イラストレーション・秋山 花 文・嶌 陽子

夏バテ予防に最適、 美肌効果もある優しい甘さの定番。

清熱綠豆糖(チェンイッロッダウトオン) <昆布入り緑豆スイートスープ>

広東では夏の定番としてよく飲まれている甘いスープ。暑さを払いデトックス効果もある緑豆と、同じく解毒効果のある昆布に、胃腸を温めて消化を助ける陳皮を加えて。常温か温めて飲むのがおすすめ。

【材料(2人分)】
緑豆 50g
昆布 4g
陳皮 1かけ
氷砂糖 約25g

【作り方】
1.緑豆は水で洗って器に入れ、かぶるくらいの水を加えて冷凍庫で凍らせる。
2.昆布は水に濡らし柔らかくして、料理ばさみで長さ3cmの細切りにし、陳皮と一緒に水で戻す。
3.鍋に水1000mlを入れて強火にかけ、沸騰したら凍らせた緑豆を氷ごと入れる。
4.昆布と細切りにした陳皮を戻し汁ごと加え、再び煮立ったら弱火〜中火で時々かき混ぜながら蓋をして30分ほど煮込む。
5.緑豆の粒が割れてとろみが出てきたら氷砂糖を加え、さらに10分ほど煮込み、火を止める。

\POINT/

緑豆は水を加えて凍らせてから煮ると火が通りやすく、早く柔らかくなる。
湖山漫莉

湖山漫莉 さん (こやま・まり)

「漫莉キッチン」店主

東京・銀座で創作広東料理の店『漫莉キッチン』を営む。丸2日かけて煮込んだお粥をはじめ、食から健康を考える創作料理を提供。

『クロワッサン』1073号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。