からだ

オーガズムを感じない【「更年期世代の性」よろず相談室】

いつまでするのか、しないのか。揺らぎやすい更年期世代の「性」について、何となく不安を抱えたまま過ごしている人も多いはず。
そんな読者の悩みを通して、ときには真面目に、そして赤裸々に、これからの「性」との向き合い方について考えてみよう。
回答してくれたのは、産婦人科医の宋美玄さん、漫画家の槇村さとるさんです。
  • イラストレーション・山口正児 構成&文・オカモトノブコ

(お悩み)オーガズムについて

膣でイクというのがどんな感じか、いまだによく分かりません。ムードを壊すのも面倒で、つい気持ちのいいフリをしてしまいますが、女として、一度は経験してみたいというのが正直なところです。(兵庫県 自営業 52歳)

宋さん 膣内でオーガズムに達する器官は、子宮頸部と、膣口との間にあるGスポットと呼ばれる部分。統計的にみても膣でイケる女性は少ないのですが、陰核(クリトリス)で感じることができれば、同時にGスポットを刺激してオーガズムに導くことが可能です。簡単に試せるのが、ひとりでするとき。陰核を刺激してイク直前に膣内へ中指を挿入し、第一関節を軽く曲げたあたりにあるGスポットに指の腹を優しく押し当てると、強烈なオーガズムが得られます。こうした仕組みを、パートナーとの行為にも応用してみましょう。

槇村さん まず必要なのは、感じるフリをやめること。AVの影響が大きい男性側ももちろんですが、「こうでなきゃ」という思い込みのタガをはずして、お互いのありのままをさらけ出すことです。それはきっと、相手にとってもうれしいことのはず。性器には快感を得る仕組みがきちんと備わっているので、お互いを信頼して、心も体も行為に没入することが大切だと思います。

感じる「演技」をしたことはありますか?

演技をする理由は「相手に喜んでもらうため」「早く終わらせたい」「雰囲気づくり」の3つに集約される。中には仕方なく演技をすることが、セックス嫌いの原因になっているケースも。

【更年期世代に アンケート】45~60歳の女性(既婚・未婚)55人を対象に、編集部による独自調査を実施。

セックスで感じることはありますか?

感じる部位についての質問に対しては、「陰核部」が6割なのに対し、「膣」で感じる人は2割弱という結果に。「感じたことがない」という人も、全体の3.5割にのぼった。

槇村さとる

槇村さとる さん (まきむら・さとる)

漫画家

性科学者のキム・ミョンガン氏をパートナーに持ち、著作には『ホルモンがわかると一生楽しい』(KADOKAWA)などエッセイも多数。

宋美玄

宋美玄 さん (ソン・ミヒョン)

産婦人科医

丸の内の森レディースクリニック院長。『女医が教える本当に気持ちいいセックス』(ブックマン社)など女性の性の積極的な啓発活動を行う。

『クロワッサン』1070号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。