からだ
くらし

味噌味の納豆チャーハンときりざいのレシピ【 しらいのりこさんの腸活レシピ】

ごはんにのせるだけではなくおかずにもなる納豆の食べ方を、しらいのりこさんに教わった。腸活によりよい、ちょい足し術も!
  • 撮影・黒川ひろみ 料理製作、スタイリング・渡邊美穂 文・小沢緑子 撮影協力・UTUWA

味噌味の納豆チャーハン

相性のいい納豆と味噌をチャーハンで。

「納豆は味噌と相性がいいので、味噌味のチャーハンも作ります。炒めることでマイルドな味になり、納豆が苦手な方でも食べやすいと思います」

【材料(1人分)】
納豆 1パック
ごはん 200g
味噌 小さじ1と1/2
日本酒 小さじ2
卵 1個
長ねぎ 5cm
豆苗 1/4パック
醤油 小さじ1/3
こしょう 少々
サラダ油 大さじ1

【作り方】
1.納豆は付属のたれを入れてよく混ぜる。長ねぎは粗みじん切り、豆苗は3cm長さに切る。味噌は酒小さじ1で溶く。
2.フライパンに油を熱し、納豆を加え炒める。続けてごはんを入れ、溶き卵を加え炒めて、酒小さじ1を加えて混ぜる。
3.長ねぎ、豆苗を加えて混ぜ合わせ、1の味噌、醤油、こしょうを加えてひと混ぜして火を止める。

きりざい

ごはんに最高に合う新潟の郷土料理。

「新潟県魚沼エリアの郷土料理でものすごくごはんに合います。もちろんつまみにも。家庭で違うようですが、この配合が気に入っています」

【材料(作りやすい分量)】
納豆 1パック
野沢菜漬け 45g
たくあん 2枚
白ごま 大さじ1
鰹節 1パック(2g)
醤油 小さじ1

【作り方】
野沢菜とたくあんをみじん切りにし、納豆、白ごま、鰹節、醤油とよく混ぜ合わせる(好みでかんずり、豆板醤などを混ぜても)。

しらいのりこ さん (しらい・のりこ)

料理研究家

お米の魅力を研究する夫とのユニット「ごはん同盟」の調理担当としても活動中。新刊は『しらいのりこの絶品! ご飯のおとも101』。

『クロワッサン』1061号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。