からだ

体幹を強化するふくらはぎのストレッチ。

「体幹」の名のとおり、腹筋やそのさらに内側にある筋肉は、内臓や背骨を支えていて、
姿勢を安定させるために大切な働きをしています。体幹を衰えさせないことが不可欠です。
体幹強化のストレッチを鍼灸師であり指圧師の石垣英俊さんに教わります。
  • 撮影/岩本慶三 文/石飛カノ モデル/北川リサ スタイリング/高島聖子 ヘアメイク/村田真弓

ふくらはぎの柔軟性を養い、体幹を整える。

ふくらはぎの筋肉には下半身に流れてきた血液を心臓に送り返すポンプの役割がある。第二の心臓と呼ばれるゆえんだ。

ふくらはぎの筋肉を凝り固まったままにしておくと、ポンプ機能が低下するだけではなく、歩行のバランスが悪くなり、そのマイナスを体の他の部分で補い、姿勢が崩れ、背骨に負担がかかることに。

ふだんから、ふくらはぎの筋肉を伸ばして柔軟に保っておこう。

ふくらはぎのストレッチで体幹強化

壁に向かって立つ。両足を腰幅に開き、両手を胸の高さで壁につける。肘は軽く曲げた状態。背すじはまっすぐに伸ばす。
 ↓

右脚を後ろに大きく一歩引き、上体を前傾。左脚の膝は曲げ、右脚はまっすぐ伸ばしてふくらはぎを3〜5呼吸伸ばす。逆側も行なう。

石垣英俊

教えてくれたのは

石垣英俊 さん (いしがき・ひでとし)

鍼師、灸師、あん摩マッサージ指圧師

静岡県出身。臨床家の父親に鍼灸治療を師事。体の痛みや不調に悩んでいる人へ、よりよい施術、環境、アドバイスを提供すべく研鑽を積んでいる。神楽坂ホリスティック・クーラ(R)代表。著書多数。

『Dr.クロワッサン 痛みとコリをすっと消す、自分でできる整体』(2020年4月28日発行)より。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。