からだ
くらし

美容家の入眠ルール、深く眠るためのアロマグッズやサプリメント

朝起きてから一日をどう過ごすかで睡眠の質はまったく変わるという。満足な眠りを得るためのルーティンを極める美容家の吉川千明さんに聞きました。
  • 撮影・青木和義(商品) 文・田辺 香

夜中に目覚めてもまた深く眠りたいから、アロマグッズやサプリメントを愛用。

「仕事が忙しくて常に寝足りていない感じがあり、最近は肝臓や血管の数値、体のあちこちに問題が出てきているんです。そんな中で、睡眠は大事だなとつくづく感じています」

吉川千明さんは快眠に結びつくアイテムなら進んで取り入れてきた。入浴剤、サプリメントなどをさまざまに活用中。ネックピローとアイピローは、自己流の使い方をしている。

「どちらもレンジで2分ほど温めます。ネックピローで目と耳を覆い、アイピローはみぞおちの上に。交感神経が集まるみぞおちを温めると、緊張がほぐれて落ち着いて眠れます」

アロマオイルに精通する吉川さんは快眠のため数種類を使い分ける。最近のお気に入りはベルガモット。

「不安感を取り除いてくれる上、免疫力の向上も期待できます。ほかにおすすめはイランイラン。お風呂に1滴入れると甘い香りが広がってのんびりできます。スッキリした香りで脳が安らぐマジョラムは、血圧が高い時に心拍数を安定させてくれます」

いま世界で注目されているCBDオイルも早速活用している。

「ストレスや睡眠障害の改善をサポートとするといわれる麻から抽出された成分を使用したオイルです。舌下に1滴落として眠ると、翌朝気持ちよく目覚めます」

仕事を終わらせてから寝る、という考え方をやめました。

睡眠に関するセミナーを受け、体にいい睡眠時間は7時間と知り、以来、7時間睡眠を目指している。

「ただし、一人で暮らしている私は何時まで起きていようと誰にも何も言われないから、終わるまで深夜でも仕事を続けてしまうんですよね」

かかりつけの内科の医師に相談すると、すべて終わらせてから寝よう、という考えはやめたほうがいいと言われ、クリアになったことが。

「今抱えている仕事、やらなくてはいけないことを日付順にざっとノートに書き出すんです。そして、やり終えたことから消していく。常にやることはたくさんあるわけだから、その日に終えなくてもいいものについては、忘れて寝るようにします」

ノートに書いては消す作業を続けると、安心して眠れるようになったという。吉川さんの心の持ち方は、常に仕事に追われている働く世代の参考になりそうだ。

クリッパン 麦の温冷ネックピロー ラベンダー ムーランド9,350円(エコンフォートハウス TEL.03・6805・1282)

吉川さんがこだわるネックピローの使い方は「目の上だけでなく、耳まですっぽり覆うこと。耳を温めると血流がよくなり、頭の緊張が和らぎます。音と光も遮断してくれます」。

華密恋薬用入浴剤[医薬部外品] 400ml 2,420円(SouGo カミツレ研究所 TEL.0120・57・8320)

「ストレスを感じる時、カミツレの入浴剤を使います。体の芯まで温まってぐっすり」。

やずやの毎日快眠 62球入り 3,240円(やずや TEL.0120・828・789)

「翌日に大事な仕事があるという夜に。Lテアニン配合で眠りがよく、疲労感も軽くなります」。

デ・マミエール アンカーバーム S 10g 9,350円(キャンドルウィック TEL.03・6261・6057)

「夜中に目覚めた時などにひと塗り。香りが心地よくリラックスして眠りに戻れます」。

吉川千明

吉川千明 さん (よしかわ・ちあき)

美容家、オーガニックスペシャリスト

オーガニックコスメの第一人者。コスメに限らず、食、漢方、植物療法などナチュラルなライフスタイルを提案している。

『クロワッサン』1047号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。