からだ
くらし

甘いのが苦手な人にも。超簡単な麹水で夏バテ防止。

糖質を抑えたい人や甘い味が苦手な人には「麹水」がおすすめです。暑い季節は冷やしておいて毎日飲みましょう。
  • 撮影・岩本慶三 文・一澤ひらり

甘酒を作る米麹を水に浸けて一晩置いておくと出来上がるのが麹水。酵素や栄養素を豊富に持っていて、健康効果が期待できる麹の新たな活用法として注目されています。

「甘酒の簡易版といっていいと思いますが、甘酒より簡単に作れて栄養成分も劣らず、しかも糖質を抑えて、発酵の恩恵を受けられます。ヘルシーな麹の使い道が広がりますね」

と、料理研究家の舘野真知子さん。甘酒はそのまま飲むと濃厚で、甘みが強く感じられます。そのため好き嫌いがあるのに対し、麹水は甘さが淡泊で誰の口にも合います。冷やすとおいしく、夏はスポーツドリンク代わりにゴクゴク飲めるのが魅力といいます。

「水を飲むより断然体にいい。健康をサポートして夏バテを防ぎます」

しかもビタミンB群やミネラル、アミノ酸など、麹水は甘酒と同じく栄養が豊富。米麹の有効成分は水溶性だから、浸けておくだけで水に抽出されるのです。

麹水は、スーパーなどで手に入れやすい乾燥麹を使って作りましょう。

アミラーゼ、リパーゼなど、麹水には酵素がたっぷり。

「麹水にはたくさんの酵素が含まれています。代表的な酵素がアミラーゼで、でんぷんをブドウ糖に分解します。それからたんぱく質をアミノ酸に分解するプロテアーゼ、脂肪を脂肪酸に分解するリパーゼなどが含まれています。これらの酵素の働きによって、消化吸収がよくなり、腸内環境を改善してくれます」

麹水を作った後の麹も捨ててはもったいない。甘酒の材料にしたり、ごはんに炊き込める、と舘野さん。麹の持つパワーをシンプルに引き出す麹水、ぜひ活用しましょう。

水に一晩浸けて完成、麹水の作り方。

1.米麹150g、水700mlを用意する。米麹は生麹、乾燥麹のどちらでもよい。
2.ポットに米麹を入れる。乾燥麹のほうがスーパーで手に入れやすい。
3.米麹が入ったポットに水を注ぎ入れる。できればミネラルウォーターを使おう。
4.米麹と水が入ったポットを冷蔵庫に入れて、8時間ほど置けば出来上がり。
必ず冷蔵庫に保存し、3日以内に飲み切る。麹水に使った麹は2回繰り返して使える。
1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。