からだ

目や口、デリケートゾーン…体のあちこちの乾燥に悩む人のための4つの記事。

新生児で約75%あった体内の水分量は、50代で50%程度に減少するのだとか。加齢に伴い、あちこちが乾いて辛い世代のための記事を集めました。
  • 文・クロワッサン オンライン編集部

1. なぜ乾く? 皮膚と体内のアンチエイジングの専門家が解説する8つのキーワード

冬の乾燥した冷気は肌にとってストレス過多。なるべく当たらないようにするのも肌のため。

皮膚と体内のアンチエイジングに詳しい形成美容外科医、松宮詩依さんが、8つのキーワードを元に解説。筋肉の減少や女性ホルモンなど、憎き敵・乾きを解消したいなら、そのメカニズムを把握するのが先決です。

 ⇒詳細はこちらから

2.痛い、かゆい…不快なデリケートゾーンの乾き。医師に聞く治療法やセルフケア。

性交痛のためにセックスレスとなる人も。

乾燥からくるかゆみや、性交痛など、人に話しにくく、つらいデリケートゾーンの不快症状。女性ホルモンであるエストロゲンが減少することで、コラーゲンやエラスチン、水分が失われ、皮膚や粘膜が乾燥することに原因が。婦人科での治療やセルフケアなど、婦人科医の小川奈津希さんに対策を教わります。

⇒詳細はこちらから

3. ドライマウスの症状とは? 口を潤せば、頰のたるみも改善!?

唾液を出す3つの腺

食べにくい、しゃべりにくいから始まり、悪化すると痛みも生じるドライマウス。
実は生活習慣に原因があることが多く、意識すれば改善の余地は大いにあり。矯正歯科治療専門医の坂本紗有見さんに教わります。

 ⇒詳細はこちらから

4.ドライアイ、涙の質が変わる40代以降は要注意!

目を守る3つの層

スマホやPCなどを長時間使う、エアコンの効いた部屋にいる…まずはチェックリストでドライアイの危険度をチェック。涙の蒸発を防ぐ脂の分泌には自律神経やホルモンが関わっているので、ホルモンバランスが乱れやすい40代以降は要注意です。

⇒  詳細はこちらから

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。