からだ

歯科医師・宝田恭子さんが健康のためにやっていること4つ。

目覚めてすぐに起き上がらずストレッチを行う「朝活健康法」をすすめる歯科医師の宝田恭子さんに、その他に心がけている健康法を聞きました。
  • 文・石原輝美 イラストレーション・ハラアツシ 撮影・岩本慶三

ほかにもこんな健康法をやっています!

ドクター宝田健康法(1)電車の中でも膝やふくらはぎをほぐす。

両手を使って膝からふくらはぎを、弾くようにもんでほぐすマッサージは、脚の疲れをとり、こむら返りの予防にもなります。

「電車の中で座れたときとか、昼休みとか、ちょっとしたときに気づいたらやっておくと違います。お風呂でやるのも効果バツグン」

スキマ時間も無駄にしないでセルフケア、が宝田流です。

ドクター宝田健康法(2)コスモエクサ60で胸鎖乳突筋を鍛える。

宝田さんが開発した「コスモエクサ60」が話題です。

耳の下から鎖骨にかけて伸びる胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)に着目し、ここをほぐして美しい姿勢を保ち、肩こりの解消に。大小2つのボールが胸鎖乳突筋の始点と終点に当たり、ハンドルを押し下げるだけで刺激を送って鍛えられます。(問 ピッコルーナ TEL.03-6273-1200※平日のみ)

(左)首を回しながら行うのも効果的。(右)「胸鎖乳突筋は 美しい姿勢の ポイントです!」

ドクター宝田健康法(3)きれいと健康の通信簿で自分なりの体調管理。

「新しい運動を◯日続けたら、体が動かしやすくなった」「動悸(どうき)がしたけれど、深呼吸を20回したらおさまった」など、日々の健康状態や、運動を続ける中で自覚したことを記録する〝通信簿〟をつけることも大切だと言います。
「記録することでいつ頃体調を崩しやすいかを把握できるし、継続のためのモチベーションにつながったり、不調のときの対処法としても役立つのでおすすめです」

ドクター宝田健康法(4)R-健康応援ダンスで リズミカルに筋肉づくり。

アスリート&ダンサーの方が考案し、宝田さんが医師としての視点でアドバイスを加えたのが、R-健康応援ダンスです。ダンス風の動きを取り入れた約2分の体操は、誰でも簡単に覚えられ、おしゃれな気分で楽しめます。(こちらから動画が見られます)

宝田恭子

お話を伺ったのは

宝田恭子 さん (たからだ・きょうこ)

歯科医師。日本アンチエイジング歯科学会監事。

「口から美しくなる人生」をテーマに、従来の歯科医療に加え、口元の筋肉を中心に表情筋を鍛える独自のエクササイズを提唱。「R-健康応援ダンス」への助言など、筋肉トレーニングの大切さを広める活動にも尽力。
●宝田歯科医院/東京都江戸川区南小岩7-29-17 サザンコート1階 TEL.03-3657-4525
http://takarada-dc.com/info.html

『Dr.クロワッサン あなたも、すぐできる! 名医の健康法』(2019年9月28日発行)より。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。