からだ

【ショート編】真似したい髪型が勢ぞろい!おしゃれな大人髪をスナップ。

髪悩みはあっても自分なりのヘアを楽しむ女性たち。
日々の手入れやヘアオーダー法、アレンジからマスク時のひと工夫までぜひ参考に。
  • 撮影・黒川ひろみ 文・薄葉亜希子

ショート

かっこよさも女性らしさも自由に楽しめるのがショートの魅力。

 思い切って刈上げたデザインがお気に入り。

柴山多寿子さん
しばやま・たずこ●40歳
ベリーダンサー

ベリーダンサーという職業柄ずっとロングだった柴山さん。1年半ほど前、妊娠を機にばっさりと髪をカット。長年通うサロンの『ツイギー』天久さんに相談し、「内側を刈上げたことで踊った時にトップの髪がふわりと揺れ、膨らむ髪質も収まりました。当分この髪型を続けていきたいです」。

サイドの刈上げがきれいな形の秘訣。「乾燥しやすい髪なのでオイル保湿が日課です」

【マスクの時は】
長めの前髪を耳にかけてすっきりと。顔の印象が暗くならないように気をつけている。

 顔が明るく見えるのが シルバーヘアのいいところ。

寺田恵子さん
てらだ・けいこ●65歳
イタリアンジュエリー販売

美しいグレイッシュな髪が素敵な寺田さん。60歳を過ぎた時に白髪染めから卒業。シルバーヘアへの移行は「黒く染めていた部分の色を抜いて、白髪と自然につながるのを待ちました」とスムーズだったそう。メイクやファッションは手を抜かずきちんとして、爽やかに見えるように心がけている。

美容室には2カ月に1回足を運び、髪型がくずれる前にメンテナンスしてもらう。

 雰囲気を変えたくて、 縦長のシルエットに挑戦! 

西原英理子さん
にしはら・えりこ●40歳
会社役員

若い頃から短い髪が定番という西原さんは「今までやったことのないスタイルを試してみたい」と1カ月半ほど前に髪を切り、ハンサムなショートを満喫中。周りからの評判もよく、毎朝のスタイリングも楽になってお気に入りだ。短くてもヘアケアは欠かさず、「炭酸シャンプーにハマっています」。

髪の相談は担当の『ラフ フロム ガーデン』の寺尾さんに。セット法も教わっている。

えり足をキュッと押さえることがポイント。トップに自然な丸みと高さが生まれる。

1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。