からだ

【セミロング・ロング編】大人のぺたんこ髪をボリュームアップさせるブロー法。

年々少なく、細くなる私たちの髪。これまでの手入れでは理想のスタイルは作れません。ブロー法やケア剤を見直して、ふんわりヘアを蘇らせて。
  • 撮影・黒川ひろみ、中島慶子(物) ヘア&メイク・宇野和弘、上久保瑠美(monohair) モデル・向坊奈津美

前髪が減ってきた、薄い頭頂部が気になる……。スタイリングで解消することはできるのだろうか。

「ぺたんこ髪で悩む人はしっとりさせすぎの傾向があります。主な原因は、シャンプーのすすぎの甘さと過剰な保湿。シンプルに頭皮環境に合っていないシャンプー、髪質に合っていないトリートメントを使っている。そしてそれが髪、頭皮に残りすぎているんです」

と語るのは美容師の宇野和弘さん。

トリートメント剤のつけ方も、ボリュームダウンの一因になる場合が。

「しっかり浸透させよう、短く立ち上がる毛を隠そうと地肌からつけたり、数分置いたりも不要です。髪の中間ぐらいから毛先のみに塗布して」

ふんわりヘアの要点はブローにも。

「ドライヤーを正しく使いしっかり乾かせば、夜にブローしても翌日までボリュームを維持できますよ」

セミロング、 ロングのブロー法

いつもと分け目位置を変えるだけで、根元が立ち上がる。さらにドライヤーを両サイドから斜め後ろにかき上げるようにあてて、空気感を出して膨らませる。

(1)洗髪後、まずはタオルドライ。指を立て、タオル越しに頭皮に指をあてたまま、優しくたたくように頭皮や髪の根元の水分をしっかり拭き取る。

(2)コーミング。髪が長い人は絡まりや結び目ができるのを防ぎ、後のドライヤーの効率も上げるため、ここでとかしていく。粗めのコームで、いつもとは反対側に分け目を作るようにとかす。

(3)ハチ上の前髪、トップを乾かす。生えグセの影響を抑えるため、トップを両サイドからかき分けるようにしながら風をあてる。そうすることで根元が自然に立ち上がる。

(4)ハチから下のサイド〜後ろの髪を乾かしていく。毛先を内巻きに仕上げたい場合は後ろから前に向かって、外ハネに仕上げたい場合は前から風をあてるとよい。

(5)夜のブローがきちんとできていれば、朝は気になる箇所のみ水スプレーで軽く湿らせて、もう一度ドライするだけで、ボリュームが出てくる。

Before

前髪がぺたんと分かれてフェイスラインに張りつく感じが気になる。後頭部のボリューム不足も課題。

 ↓

分け目を変えるだけで自然なボリュームが生まれた。顔周りに毛束をおろしたため、ふんわり柔らかさもプラス。トップの髪が立つことで、サイドと後頭部にも膨らみが出て若々しい雰囲気に。

1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。