からだ
くらし
更新:

鮭と小松菜、ひじきの炒り煮のレシピ。

カルシウム豊富な小松菜+ひじき。
  • 撮影・三東サイ 文・後藤真子

ひじきと小松菜は、カルシウムを多く含んでいる。ビタミンDの豊富な鮭の切り身と合わせることで、最強のトリオに。しかも、3つの食材それぞれの味がしっかりと立ち、おいしさも格別。

〈材料〉
鮭の切り身2切れ(160g)
小松菜200g
芽ひじき(乾燥)8g(戻して80g)
しょうがの薄切り2枚
太白ごま油大さじ1
大さじ1
みりん大さじ2
しょうゆ大さじ1

〈つくり方〉
1.芽ひじきはたっぷりの水で戻し、ザルにあげて水気をよく切る。

2.小松菜は根元を少し切り落とし、3cm長さに切る。しょうがは千切りにする。鮭は1cm幅に切る。

3.フライパンに油小さじ1を入れて熱し、小松菜を入れて中火でさっと炒めてしんなりしたら取り出す。

4.フライパンに油小さじ2を足して鮭、ひじき、しょうがを入れて中火で2〜3分炒める。

5.4に小松菜を戻し入れて、酒、みりん、しょうゆで調味して汁けがほぼなくなるまで混ぜながらとばす。

*保存は冷蔵庫で3日間

◎蒲池桂子さん 女子栄養大学栄養クリニック主任/管理栄養士、栄養学博士。著書に『女子栄養大学栄養クリニック ダイエット物語』(メディカルトリビューン)。ほか共著や監修書籍多数。

◎井原裕子さん 料理家/ベリーズキッチンスタジオ主宰。著書の『毎日おいしい! おから手間なしレシピ』(学研パブリッシング)は、栄養解説を蒲池さんが担当。

『クロワッサン』923号(2016425日号)より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。