からだ

ストレッチで、二の腕スッキリ。【ストレッチで叶う体形リメイク】

年齢とともに、不本意なほうへと変化していく身体のフォルム。ストレッチでかつてのスタイルに戻すことができるんです。パーソナルトレーナー、「CALADA LAB.」代表取締役の比嘉一雄さんに教わります。
  • 撮影・黒川ひろみ スタイリング・武政 ヘア&メイク・高松由佳 モデル・くらさわ かずえ 文・菅野綾子

肩関節と肘関節を繫ぐ腕前面の筋肉が上腕二頭筋。
ストレッチをすることで、疲労改善効果も。

・上腕前面

腕の前面にある上腕二頭筋は使用頻度が高く、疲労が溜まりやすい部位。こまめに伸ばし、凝り固まるのを防ごう。

肩関節と肘関節を繫ぐ腕前面の筋肉が上腕二頭筋。ストレッチをすることで、疲労改善効果も。

1.両脚を肩幅程度に開く。両腕を肩と同じくらいの高さで広げ、手のひらを上に向ける。

2.両腕を伸ばしたまま、手のひらを下に向けるイメージで肘を内側の方向にひねる。この状態のまま、力を抜いてゆっくり息を吐き、20秒キープ。この時、少しだけ上体を反らすと、より負荷がかかって上腕二頭筋をしっかり伸ばすことができる。きつい人は椅子に座って行っても。

・上腕後面

腕の後面にある上腕三頭筋の衰えは、“振袖二の腕”の原因に。日常生活で使用頻度が低いため、意識的にアプローチを。

肩関節と肘関節を繫ぐ腕後面の筋肉が上腕三頭筋。ここを伸ばすことで、肩甲骨まわりもほぐれる。

1.脚を腰幅に開いて、壁の前に横を向いて立つ。壁側の腕を上げ、頭部よりやや後ろの位置で、肘を壁につける。

トップス7,000円、キャミソール1万円、パンツ9,500円(以上ダンスキン/ゴールドウイン カスタマーサービスセンター)

2.肘を曲げた状態で、全身の体重をかけながら肩関節を伸ばし、肘をできるだけ深く曲げる。そのまま、力を抜いてゆっくり息を吐き、20秒キープ。上腕後面を壁にピタッと押しつけるようなイメージでやると、上腕三頭筋全体をしっかり伸ばすことができる。

NG

NG. 肩関節に体重をかけるだけでなく、肘も深く曲げないと、上腕三頭筋をしっかり伸ばすことができない。

1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。