からだ
ニュース

頭皮の下の頭筋膜をほぐしたら、フェイスラインが上がった!

  • 撮影・清水朝子 ヘア&メイク・レイナ、ERI モデル・岩崎良美 文・一澤ひらり

6. 眉上から生え際まで前頭筋をほぐして額のシワを消す。

額のシワを消してまぶたのたるみをとり、目の大きさを正常に戻すメソッド。肘をテーブルにつき、両手で軽く握りこぶしを作って、額をのせる。眉間側からこめかみ近くまで左右各4カ所を、1カ所につき5回ずつこぶしをクルクル回して揉む。額全体をまんべんなく行う。

7. 目の周りの眼輪筋をほぐし、目のシワ、たるみを改善。

肘をついてカギ形にした人差し指に眉頭を当て「うんうん」とうなずく。左右の眉頭、真ん中、まぶたの目尻側2カ所(写真参照)の各4カ所でそれぞれ10回×2セット。目尻側は引き上げる感覚で行う。

人差し指の使い方。
両手の人差し指をカギ形に曲げ、第一関節と第二関節の間を使って左右同時にほぐしていく。

8. あご下の老廃物を流して二重あごをシャープに。

カギ形にした人差し指をあご先の内側2㎝のところに当て「あんあん」と口を開閉。これを2回繰り返す。あごの真下からエラへ指を少しずつずらして左右6カ所ずつ行う。右手で左側のあごを、左手で右側のあごを押す。あご下のリンパが詰まると二重あごの原因に。

9. 耳下腺リンパ節を刺激してフェイスラインがすっきり。

耳の後ろのあごのラインにあるのが耳下腺リンパ節。ここの滞りが顔のむくみやフェイスラインを大きく見せる原因。耳の後ろにある下あごの骨に親指をひっかけて固定し、手は側頭部に添える。少し圧を加え、口を大きく開いて「あいあい」と5回繰り返す。リンパの詰まりがよくとれる。

10. 鼻を小さくして、ほうれい線を薄くする。

鼻をつまんで圧をかけながら、「えおえお」と10回発声。「え」のときにできるだけ上唇を持ち上げて小鼻を広げるイメージで。手をはずして前歯がちゃんと見えているか確認するとよい。鼻の横の筋肉を使うと顔が立体的になって、ほうれい線やマリオネットラインが薄くなる。

11. 目尻のちりめんジワを指で押さえて解消する。

目の筋肉が凝って縮まっているのが目尻のちりめんジワの原因。気になる目尻の部分を人差し指と中指で押さえ、10回大きくまばたきを繰り返す。皮膚のすぐ下の骨が指で感じられるぐらいしっかり押さえて、皮膚にテンションがかかった状態でまぶたを開閉する。反対側の目も同様に行う。

村木宏衣(むらき・ひろい)●アンチエイジングデザイナー。「スタイルM」代表。多角的な独自の美容メソッドを確立。著書に『顔筋整骨パーフェクトビューティ』(主婦と生活社)など。

田中ひろみ(たなか・ひろみ)●イラストレーター、文筆家。仏像、神社仏閣、江戸文化など幅広いテーマで執筆。著書に『心やすらぐご利益別仏像なぞり描き』(池田書店)など。

『クロワッサン』962号より

1 2 3 4
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。