からだ
ニュース

頭皮の下の頭筋膜をほぐしたら、フェイスラインが上がった!

皮膚の下で全身を覆っている筋膜。頭にも筋膜があり、それが凝り固まることでシワやたるみなどの原因に。マッサージでほぐします。
  • 撮影・清水朝子 ヘア&メイク・レイナ、ERI モデル・岩崎良美 文・一澤ひらり
アンチエイジングデザイナー 村木宏衣さん

顔のシワやたるみは頭皮から引き上げる。そのためには頭皮の下の頭筋膜(とうきんまく)をほぐすことが必要というメソッド、「頭筋膜リフト」を考案した村木宏衣さん。目の下のたるみとフェイスラインが気になるイラストレーターの田中ひろみさんが、サロンで体験した。

「頭と顔は一枚の筋膜でつながっています。ストレスや肩こりなどで頭の筋膜が癒着したり、カチカチに固まってくると、額だけを動かすことになってシワができるし、顔を引き上げる力が弱くなるので、頬のたるみや二重あごになります。解消するためには筋膜をリリースして、本来の弾力を甦らせてあげることが大切なんです。頭筋膜を頭蓋骨から引きはがすようなイメージで、頭皮の凝りをほぐせば顔が自然とリフトアップしますよ」
と村木さんが説明。まず田中さんの頭をチェックした。自分で頭を触ってもらうと、「頭の鉢が角張っている感じがするし、頭皮もほとんど動きません」と田中さんも神妙な面持ちだ。
「本来、頭は丸くてなめらかな状態なんですが、頭筋膜が硬くなっていると四角く張ってくるんです。この状態をよく覚えていてください。施術後はまったく変わってきますよ」

村木さんがいよいよ施術をスタート。磁気を帯びたスティックを田中さんの頭皮に当ててほぐしていく。

「側頭部が硬くなっていますね。ここが凝り固まると頬を支える力が弱まり、たるんでほうれい線が深くなってしまう原因になります。側頭部は目の血流にも関わっているので、眼精疲労やかすみ目にもなりやすいんです。それから肩からつながっている僧帽筋(そうぼうきん)の上部と後頭部も硬いですね。ここが硬化すると首とあごの動きをロックしてしまうので、フェイスラインがもたついてしまいます。ちゃんとほぐして弾力をとり戻しましょう」

村木さんが田中さんの頭の状態を調べていく。後頭部が硬いと連動して頭頂部も強張ってくるという。
「頭頂部は筋肉がなく毛細血管の数も少ないので、ここが萎縮して血流が悪くなると薄毛の原因に。頭全体の筋膜の弾力をいい状態にすれば血行もよくなり、毛根の細胞も活性化されます」
「自分で揉んでもいいんですか?」と田中さんが尋ねると、
「日頃から自分で凝りをほぐすことが一番です」とのこと。

顔を頭皮からググッと引き上げる「頭筋膜リフト 村木スタイル」。

東京・表参道の「スタイルM」で行われている顔のたるみ等を改善する施術。頭の凝りをほぐしてから、顔筋をマッサージし、首や肋骨の筋膜もリリースする。顔のエイジングを全身から捉え、根本的に解消していく。

まず頭の状態をチェック。自分でも頭を触ってみて確かめる。田中さんは頭皮の凝りから頭の鉢が少し角張り、側頭部と後頭部が硬くなっている。

磁気がコーティングされているスティックで側頭部、後頭部、前頭部それぞれの頭筋膜の凝り固まりをよくほぐして、頭皮全体を柔らかくしていく。

クレンジングの後、ミネラルの美容液とクリームをつけて顔の表情筋深部をほぐす顔筋整骨マッサージ。顔の凝りと歪みを取り去ってバランスよい顔に。

コラーゲンの産生を助けてくれるミネラル成分シリカを配合したマスクトリートメントで肌を引き締め、潤いと栄養を与える。

頭からつながる首や肩、肋骨の筋膜をテニスボールを使ってリリース。胸を開きやすくし、深い呼吸ができるようになり、身体がほぐれる。

1 2 3 4
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE