cat-health cat-life cat-monitor cat-presents cat-trend facebook info instagram line twitter youtube
からだ
トピックス

このクセを治すだけ!首のシワを軽減する方法。

首のシワと顎のたるみは年のせい、と思っていませんか? 普段ちょっと意識を変えることで、かなり軽減できることが最近わかってきました。
  • 撮影・青木和義、森山祐子 スタイリング・高島聖子 ヘア&メイク・広瀬あつこ モデル・関 裕子 文・古屋美枝

正しい首の位置をキープすれば、たるみは改善する。

最近、20〜30代でも首や顎下がたるみ、二重顎になっている人が多い。

「大きな原因は、スマートフォンとパソコン。画面を見るときに、顔を体の前に出していることが多いですよね。この状態だと、首周りの筋肉を使わないので弱ってしまい、たるむのです。太っていないのに二重顎、という人も姿勢に問題がある場合が多いですね」

つまり、姿勢を正せば改善する余地があるということだ。まず、立った時に肩と耳は一直線というのが、正しい首の位置だということをカラダに覚えさせよう。この姿勢をキープするのがつらかったら、一日に何度か気づいたときに修正するだけでもいい。コツは、おへその下の丹たんでん田に力を入れること。丹田を意識すると、体幹に力が入り、背筋も伸びる。そして両方の肩甲骨を寄せるようにすれば、首も正しい位置に戻る。

「スマートフォンの画面を見るときも、丹田に力を入れつつ、目線が下がって首の位置が前に出ることのないよう、画面の位置を上げましょう。パソコン作業をするときも同様です。ノート型パソコンの場合は、下に何か敷くなどして画面を上げてみましょう。本を読むときは、ブックスタンドを使うことでも姿勢が崩れにくくなりますよ」

最初はキツくても、毎日気を付けていると体幹や背中、首などに筋肉がついてくるので、キープするのがラクになるのを実感できるはず。また、丸まった背中を矯正するために、左のようなストレッチをするのもおすすめ。

「肩甲骨を動かし、胸を開くことで、姿勢の矯正効果が高くなります。わたしも仕事の合間には必ず軽いストレッチをしています。食事は早食いをやめて1口につき20〜30回、偏りなく噛むことを心がけてください」

毎日行いたいゆがみのリセット法。

両手を肩に当てたまま、肩を軸に後ろに肘を回す。肩甲骨を動かすことを意識して。10回行う。
ウォーキングでは、目線 を上げたまま、肘を後ろ にひくようにすると、顔 が前に出にくい。
背中と床の間に丸めたバスタオルをはさみ、仰向 けになって胸を開く。頭のてっぺんと足先がひっ ぱられるよう全身を伸ばす。1日10分ほど行おう。

日頃の姿勢が知らないうちに首のシワと二重顎を引き起こす。

【NG】耳と肩の骨の出っ張りを結んだときに、肩より前に耳 が出ている人は首のシワができ二重顎になりやすい。
正しい姿勢はまっすぐに立ったとき、耳と肩が一直線 になること。写真に撮ってみて確認しよう。
【NG】ずっとうつむきながらスマホを見たり、本を読んでい ると顎のたるみにつながる
目線が上がれば首も上がる。ときどきでいいので、お 腹に力を入れながら、スマホを持ち上げてみる習慣を。
【NG】頬づえをついたり、おでこに手を当てたりして本を読 む癖を直そう。下腹もぽっこり出てくるハメに。
ブックスタンドを使ってきちんとした姿勢をキープ。 お尻から背中にかけて直角になるように座る努力を
【NG】ノートパソコンの場合になりがちなのがこの姿勢。首 のシワだけでなく、腰痛や肩こりを引き起こす。
【NG】疲れてくると椅子にもたれかかっていませんか? こ れも顎のたるみだけでなく、腰も痛めることに。
パソコンの画面位置を上げる工夫を。読書の姿勢と同様にお尻と背中が直角になるように座る。

『クロワッサン』938号より

●髙瀬聡子さん 皮膚科医/ウォブクリニック中目黒総院長。共著に『いちばんわかるスキンケアの教科書~健康な肌のための新常識~』(講談社)がある。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE