からだ
くらし
ニュース

知っていますか?患者さんの心を癒す、セラピーキャットの仕事。

  • 撮影・清水朝子
患者さんの膝には、自ら進んで乗る。「夫や息子の膝には乗らないのに、不思議です」と小田切さん。

アニマルセラピーは、療養病棟フロアに入院する人が自由参加する。今回は60名のうち、体調と気分のよい21名が出席した。セラピー時間は60分。初めの40分はふれあいタイム、残りが相棒犬アントンとのお散歩タイムだ。まずは広場に患者が大きな円になって座り、一人ひとりの膝の上にヒメやアントンが順番に座って、患者に撫でてもらう。「今日はシャンプーしたばかりなんですよ」、小田切さんがそう言うと、患者たちは鼻をヒメに近づけてにっこり微笑む。なんでもない行為のようだが、患者の顔はみるみるほころび、笑顔が満ちていく。

「ヒメはいい匂いがする」「体調はどうですか」などと、患者さんと小田切さんの会話も弾む。

「長い入院生活で日々の活動がマンネリ化してくる中、アニマルセラピーは4年前から導入されました。患者さんの中には犬や猫を飼っていた人が多く、この活動を心待ちにしている人もいる。なかなか言葉が出なかった患者さんが名前を呼び掛けたり、車いすの人が歩く意欲を持ち始めたりするんです。動物の力は計り知れません」

ひととおり触れ合ったら、 アントンはお散歩の時間。 一人一人と5mほど歩きます。
1 2 3
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。