からだ
くらし
ニュース

知っていますか?患者さんの心を癒す、セラピーキャットの仕事。

  • 撮影・清水朝子
ヒメの状態を把握するために、脈拍を測定する。

4年間、患者とヒメのふれあいを見てきた病院のセラピー担当者、檜垣賢治さんは、セラピーを見守りながらうれしそうに語った。ところで、ヒメ自身はこの仕事をどのように思っているのだろうか。

「少なくともストレスには感じていないと思います。なぜならセラピー中、ヒメはとてもリラックスした表情をしているから。脈拍もセラピー前後で測定するのですが、セラピー後に興奮していることはほとんどない。患者さんに対してはいつも自分から向かって行きます。もしかしたら人を癒やすだけでなく、ヒメ自身も癒やされているのかもしれません」と小田切さん。患者とヒメだけに流れる、のんびりとした時間。癒やし癒やされる、特別な関係のようだ。

「ヒメ、ヒメ」と呼びかけながら頭を撫でる。ヒメもうっとり、気持ちよさそう。

『クロワッサン』954号より

●小田切敬子さん NPO法人アニマルセラピー協会理事長。生物科学博士。15年前より病院や老人ホームでアニマルセラピーを行う。

1 2 3
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。