cat-health cat-life cat-monitor cat-presents cat-trend facebook info instagram line twitter youtube
ニュース

手頃なひき肉をグレードアップするごちそうレシピ4つ。

手頃な食材だけに、料理もワンパターンになりがちなひき肉。シンプルながらごちそう感たっぷりのレシピを紹介してもらいました。
  • 撮影・小林キユウ 文・斎藤理子

牛、豚、鶏、合いびきと、ひとくちにひき肉といっても種類はさまざま。それぞれの味の特徴をつかめばレシピがもっと広がる、と井原裕子さん。

「牛ひき肉は和風にはあまり向かないけれど、韓国風の味付けには合います。和洋中どれにもオールマイティに使える豚ひき肉は、旨味を引き立てるので、牛ひき肉との合いびきを使うとおいしさがアップします。鶏ひき肉は旨味たっぷりのダシが出るので、煮込んでもおいしいですね」

生姜、ねぎ、にんにく、ニラ、青じそ、パクチーなど、香味野菜をひき肉に混ぜると味わいがぐっと上がり、ごちそう感も増す。

「ひき肉はパサつきやすいですが、酒や生姜の搾り汁などの水分を加えたり、粘り気が出るまでよく混ぜるなど、ちょっとしたコツでパサつきが抑えられ、しっとりとした食感になります。ひき肉は脂が多いので、調理の際の油は少し控えめにするといいですよ」

(右上から時計回りに)えびと青じそのつくね、枝豆ととうもろこしの焼売、牛ひき肉のまとめ焼き 野菜のサム、ミートボールと野菜のトマトソース焼き

えびと青じそのつくね

えびのぷりっとした食感と、鶏ひき肉の旨味たっぷりな肉汁が口中に広がる一品。からし醤油やポン酢でも。また、タネを水餃子やワンタンの具にしてもおいしい。

材料(2~3人分) A[鶏ひき肉250g、青じそ10枚、おろし生姜小さじ1、酒大さじ1、塩小さじ½]、むきえび100g、片栗粉大さじ1、太白胡麻油大さじ1、オクラ8本、塩適量

作り方 ①青じそは千切りにする。オクラはガクの周りをくるりとむき、塩をまぶして板ずりをし、たっぷりの湯で塩茹でしてから水にとって冷ます。②むきえびは背わたを取って1㎝幅に切り、片栗粉をまぶす。③ボウルにAの材料を全部入れて粘りが出るまで混ぜ、②を加えてさらに混ぜたら、小判形に成形する。④フライパンに油を入れて熱し、③を中火で焼き、焼き色がついたら裏に返してふたをし、弱火で5分ほど焼く。⑤器に盛ってオクラを添える。※好みでポン酢をつけてもおいしい。

枝豆とともうもろこしの焼売

材料(20個分) A[豚ひき肉300g、玉ねぎ¼個(みじん切り)、生姜汁小さじ1、酒大さじ2、塩小さじ½、こしょう少々、胡麻油大さじ1]、さやつき枝豆(茹でてさやから出して)180g、とうもろこし(缶詰または生)80g、片栗粉大さじ2、焼売の皮20枚、しょうゆ・酢・からし各適量

作り方 ①ボウルにAの材料を全部入れ、粘りが出るまで混ぜる。②枝豆ととうもろこしをボウルに入れて片栗粉をまぶしたら、①に加えて混ぜる。③ ②を焼売の皮で包む。④蒸気の立った蒸し器に③を入れて10~12分蒸す。好みでしょうゆ、酢、からしでいただく。枝豆ととうもろこしは片栗粉をまぶしてから混ぜると、具が水っぽくならない。焼売は親指と人差し指で輪を作り、そこに皮をのせ具を詰めて成形していく。

*生のとうもろこしは、茹でなくてもOK。

牛ひき肉のまとめ焼き 野菜のサム

下味をつけた牛ひき肉をフライパンに広げて焼くだけ。裏返すときには鍋のふたなどを利用すると失敗がない。焼き上がったら、少し休ませてから切るのがポイント。

材料(2~3人分) A[牛ひき肉300g、酒大さじ1、しょうゆ大さじ1、塩小さじ⅓、砂糖小さじ2、片栗粉大さじ1、胡麻油大さじ1]、松の実適量、糸唐辛子適量、きゅうり1本(千切り)、サニーレタス・エゴマ・キムチ各適量

作り方 ①ボウルにAの材料を全部入れて粘りが出るまで混ぜる。②フライパンに①を入れて手で平らにのばしたら火にかけ、中火で3分ほど焼く。③焼き色がついたら出てきた脂を拭き取り、裏返して弱火で3分焼く。④ ③を少し休ませてから食べやすい大きさに切って器に盛り、松の実と糸唐辛子を散らす。⑤別の器にサニーレタス、エゴマ、きゅうり、キムチを盛る。

ミートボールと野菜のトマトソース焼き

トマト缶で簡単に作れるソースに、ミートボールからにじみ出る旨味が混ざり合い、後を引くおいしさに。残ったソースはバゲットにつけたり、パスタを絡めても。

材料(2~3人分) ミートボール[合いびき肉200g、玉ねぎ½個、オリーブオイル大さじ1、塩小さじ⅓、こしょう・ナツメグ各少々、生パン粉⅓カップ、牛乳大さじ2]、かぼちゃ150g、ズッキーニ1本、なす1本、オリーブオイル大さじ1、塩小さじ⅓、ソース[カットトマト缶1缶、オリーブオイル大さじ2、塩小さじ½、こしょう少々、オレガノ(乾燥)少々、にんにく1かけ(縦2等分)]

作り方 ①ミートボールを作る。玉ねぎはみじん切りにし、耐熱容器に入れてオリーブオイルを加えて混ぜ、600Wの電子レンジで1分加熱して冷ます。②ボウルにパン粉を入れ牛乳を加えて湿らせる。③ミートボールの残りの材料と①を②のボウルに入れて粘りが出るまで混ぜ、8等分に分けてボール状に丸める。④かぼちゃは1㎝幅に切って食べやすい大きさに切り、ズッキーニ、なすは1㎝幅の輪切りにし、ボウルに入れて塩、オリーブオイルを加えて混ぜる。⑤ソースを作る。フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れて中火にかけ、にんにくの香りが立ったらトマト缶を加えて混ぜながら煮る。⑥ふつふつとしてきたらそのまま中火で2分ほど煮て、塩、こしょう、オレガノを加えて混ぜる。⑦耐熱容器に⑥を敷いて、野菜とミートボールを入れ、オレガノ(分量外)を振り、220℃に予熱したオーブンで20分焼く。

『クロワッサン』950号より

●井原裕子さん 料理家、食生活アドバイザー/雑誌、書籍などでのレシピ提案、企業の商品開発など幅広く活躍。最新刊『ダイエット応援弁当』(文化出版局)など、著書多数。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE