ニュース

えごま油の甘い風味が際立つ和食レシピ。

話題の「スーパーオイル」を簡単に活用できるレシピを、ビューティレシピストの松見早枝子さんに伺いました。

今回は、古来より日本で使われてきたえごま油を使ったレシピ。ほんのり甘い風味が和食に合います。

古来より日本で使われてきた、えごま油

シソ科の野菜、えごまの種子を搾ったオイル。えごま農家では味噌と合わせて調理されることが多く、五平餅のタレなどを作る際にも使われているとか。

「豆腐や味噌に混ぜると、コクがぐっと増して美味しくなります。おなじみの白和えにも少し加えるだけで、味に深みをプラスしてくれるからお試しを」と松見さん。

必須脂肪酸であるαーリノレン酸は熱に弱い性質があるので、そのまま飲むほかサラダや和え物など、加熱せずに使用を。

右:オーサワのえごま油140g 1,944円(オーサワジャパン)

CR_MG_6548f


 

白和え

すりごまを入れる代わりにえごま油を加えると、コクが出る上、なめらかな食感に仕上がります。
CR_MG_6688f

材料(2人分)
にんじん4cm こんにゃく100g 青葉(春菊、ほうれん草など)1~2株
和え衣[木綿豆腐1/2丁(150g) えごま油小さじ2 味噌大さじ1/2 しょうゆ小さじ1]
作り方
1.豆腐を水切り(ラップをかけずに皿にのせ500Wのレンジで2分)し、熱が取れたら一口大にちぎって冷まし、出た水分を捨てる。
2.にんじんは皮をむいて厚さ2mm、長さ如nの短冊に、こんにゃくは長さ約牝m、5mm角の拍子木に切る。それぞれひと煮立ちするまでゆでたらざるに上げ、水気をよく切る。青葉もゆでて長さ4cmに。
3.すりばちなどに和え衣の材料を入れてよく混ぜ合わせたら、2をすべて加えてよく和える。

 

鶏ささみと大根のゆずこしょう風味サラダ

和風のサラダにぴったりな香ばしさ。ささみでボリュームアップしておかずサラダに。
CR_MG_6707f
材料(2人分)
鶏ささみ2本 塩、こしょう、酒各少々 大根4cm 水菜1株 スプラウト(紫キャベツ)1/2パック
ゆずこしょうドレシッング[えごま油小さじ2 ゆずこしょう、しょうゆ各小さじ1/2]
作り方
1.鶏ささみは耐熱皿に並べて塩、こしょう、酒をまぶし、ラップをふんわりかけて、少しの間、常温に置き、500Wのレンジで1分半ほど加熱する。粗熱が取れたら手で細かく裂く。
2.ボウルにドレッシングの材料を合わせたら1を入れてよく和える。
3.大根は皮をむいて千切りに、水菜は洗って長さ4cmに切る。スプラウトは根を切り落としてさっと洗い、すべてをペーパーで包んで水気を取る。
4.2のボウルに3を加えて混ぜ合わせる。

いま、話題のココナッツオイルを使ったレシピはこちら

和食にもおすすめ。グレープシードオイルのレシピはこちら

野菜やたんぱく質と好相性のインカインチオイルを使ったレシピはこちら

『クロワッサン』894号(2015年2月10日号)より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE