くらし

50歳で小さな平屋に住み替えた、Rinさんの家づくりと住まい方。

  • 撮影・黒川ひろみ 文・一澤ひらり

モノを動かさず、使いたい場所に置く。暮らし方もサイズダウン。

服は全てクローゼットに吊るし、煩わしい衣替えの必要なし。

「夫と私とサイド別に、オールシーズンの服を全部掛けています」

既存のパイプハンガーに吊るせる「クローゼットブランコ」というグッズで上下2段にして、洋服の収納量を倍に増やす工夫も。

「上段にトップス、下段はパンツ類。コーディネートが簡単です」

インナーとパジャマ以外の洋服は全て収まっているので、着替えがスムーズ。
使用頻度の少ない旅行用品などは、収納ボックスにタグをつけて保管している。

脱衣室に肌着のチェスト。乾燥機からすぐ収納。

「入浴のときに脱いだものを洗濯カゴに入れて、お風呂から上がったら、肌着のチェストからピックアップして身に着けるだけ。脱衣室の中で済ませられて快適です」

脱衣室には洗濯乾燥機も設置。インナーを洗濯・乾燥したらそのままチェストにしまっておける。

肌着のチェストの上には洗濯カゴを置き、普通洗い用、手洗い用などに分けている。

はさみをあちこちに置き、探す手間を省く。

はさみは頻繁に使うので、玄関、リビング、キッチンなど、必要な場所ですぐ手に取れるようにする。

「ペン立てや収納庫の中、それから下駄箱の梱包セットのカゴに。ビニールひもや粘着テープなど、一緒に使うものをグルーピングして収納すると便利です」

洗面所の収納庫に引っ掛けてあるのは、以前キッチンで使っていたはさみ。

紙袋はどんどん使う、ストックの上限を決める。

紙袋はしまわずに活用し、ストックは収納ケースに入る分だけに。

「高さがあってしっかりした紙袋は、ひもを外して液だれしやすい調味料立てに使います。冷蔵庫の野菜室でも、野菜を紙袋に入れておけば仕切り代わりになり、泥で汚れることもなくなります」

紙袋は新しいものを収納ケースに入る分だけ残し、あとは思い切って処分する。
野菜は紙袋に入れて保存すると乾燥を防ぎ、仕分けもできて重宝。

鍋は重ねないで収納する。ホットプレートは処分。

「ふだん使っている鍋はスタッキング収納ができるものですが、取り出すときに面倒なので重ねません。タテ置きにし、ワンアクションで取り出せるようにしています」

ホットプレートは取っ手が外せるフライパンで代用できるので、不要になり処分した。

重ねればコンパクトに収納できる鍋だが、取り出すのが面倒。ご覧のようにタテ置きすればサッと取り出せる。
焼き肉は着脱ハンドル式のフライパンとカセットコンロで。たこ焼きも同様に。

Rin(りん)●ブロガー。整理収納アドバイザー1級。居宅介護支援専門員。著書に『子育てが終わったら見直しどき 50代からの暮らしの整え方』(オーバーラップ)。

『クロワッサン』994号より

1 2 3
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。