くらし

マジックなんです、料理ってのは――豊嶋森太郎(竹亭店主)

1977年創刊、40年以上の歴史がある雑誌『クロワッサン』のバックナンバーから、いまも心に響く「くらしの名言」をお届けする連載。今回は、隠れ家ビストロのシェフが語る、料理の秘訣に耳を傾けましょう。
  • 文・澁川祐子
1978年4月号「いま話題ビストロ料理のコツを公開します。」より

マジックなんです、料理ってのは――豊嶋森太郎(竹亭店主)

前回に続き、当時としてはフレンチのニューウェーブだったビストロのシェフが、自慢の料理のコツを紹介する特集。今回選んだのは、世田谷区奥沢にあった隠れ家レストラン「竹亭」のオーナーシェフ・豊嶋森太郎さんのひと言です。

<料理の材料であるモノに非常に(頑固といってもいいくらい)こだわる神経と、作ってしまえば、サアどう食べても勝手だよといった感じの、客にとってはありがたい放任が同居している>という、ビストロらしい料理哲学の持ち主であったことがうかがえる豊嶋さん。

紹介されているのは、完熟トマトを使ったナスの詰めもの「ナスのシャルキチェル」、潔く大ぶりの肉厚しいたけだけをグラス・ド・ビアン(仔牛のスジや骨を煮詰めた濃厚なだし汁)を使ったソースとあわせた「シイタケのボルドレーズ」など。素材は身近でシンプルながら、いつもとは違った味わいが楽しめそうな料理が目を引きます。

じつは「ナスのシャルキチェル」と「シイタケのボルドレーズ」に使っているソースは同じ材料でつくっているとのこと。それなのに使う量、煮詰める時間、少量入れるワインの銘柄によって、味も色もまったく違ったものになるのが料理の醍醐味だと語ります。

食いしん坊のツボを刺激するシェフのコメントに、そのマジックがどんな味だったのか、想像せずにはいられません。過去のレストラン特集のまったくもって罪つくりなところです。

※肩書きは雑誌掲載時のものです。

澁川祐子(しぶかわゆうこ)●食や工芸を中心に執筆、編集。著書に『オムライスの秘密 メロンパンの謎』(新潮文庫)、編著に『スリップウェア』(誠文堂新光社)など。

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE