くらし

モデルの高橋奈々枝さんが手みやげに推薦!東京南青山『アニバーサリー青山店』の栗チョコ。

  • 撮影・中島慶子 文・黒田 創

根っからの栗好きも虜に。チョコと和栗のハーモニー。

以前から子どもとよく東京・青山の『アニバーサリー』にケーキを買いに行くという高橋奈々枝さん。2年前に試食でこの「栗チョコ」を口にし、そのテイストに驚いたそう。

「栗きんとんのようにしっとりと柔らかく、ペースト状になった栗がチョコレートでコーティングされているのですが、どちらも甘すぎず上品な口あたりで、すごく相性がいいんですよね。ほかでは食べたことのない斬新な味。一気にお気に入りになっちゃいました」

栗チョコは要冷蔵商品。高橋さんは冷蔵庫から出して少し置いておき、常温に戻して食べるのが好み。外側のチョコが少ししっとりして、口の中で栗と絶妙に混ざり合うという。

「自宅用に買って子どもたちと食べたり、友人の家でのホームパーティーや、ちょっとしたお呼ばれに手みやげにする機会が多いですが、みんな喜んでくれます」

群馬出身の高橋さんは栗に目がない。子どもの頃は同じく栗好きのお母さんが毎年秋になると隣の長野産の栗を蒸してくれて、それをおやつにしていた。が、栗ものなら何でもというわけではない。街中で売る天津甘栗はよく買って食べていた。近年では、知人からおみやげにもらって以来すっかり魅せられてしまった岐阜の名店『恵那寿や』の栗きんとんも大好物。ちなみにマロングラッセは甘すぎてあまり得意ではない。

「だからモデルになってパリで活動を始めた頃、『サロン・ド・テ アンジェリーナ』で有名なモンブランを初めて食べて感動したんですよ。それまでは正直、モンブランというお菓子はあまり好きではなかったんですけど、本場のそれは栗そのものの自然な美味しさがぎゅっと詰まっていた。この栗チョコもそうですが、ちゃんと“栗”を感じられる栗のスイーツが好きなんです」

高橋奈々枝さん
たかはし・ななえ モデル
1991年、雑誌『オリーブ』の読者モデルをきっかけにデビュー。
’97年にパリに拠点を移し、パリコレデビューを果たす。雑誌、CM等でも活躍。育児のため第一線からは退いていたが、一昨年モデル活動を再開。

アニバーサリー青山店●東京都港区南青山6-1-3 コレッツィオーネ1F 電話番号03-3797-7894 営業時間11時~19時、月・火曜休。栗の茶巾絞りをきっかけに生まれたロングセラー商品。和栗を使用した栗チョコは1個300円(写真は6個2,000円。バレンタインシーズンは専用の箱に)。季節限定で四万十産の栗を使ったタイプも。オンラインショップ https://www.anniversary-shop.com/

『クロワッサン』990号より

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE