城之内早苗さん推薦。麻布十番『モンタボー』の大きな夢を届けるメロンパン|手みやげをひとつ | レシピとグルメ | クロワッサン オンライン
くらし
読む・聴く・観る・買う

城之内早苗さん推薦。麻布十番『モンタボー』の大きな夢を届けるメロンパン|手みやげをひとつ

  • 撮影・青木和義 文・嶌 陽子

驚きの見た目に思わず笑みがこぼれる、特大メロンパン。

数年前のある日のこと。城之内早苗さんの自宅に、宅配便で大きな段ボール箱が届いた。送り主は、大先輩のタレント、林家ぺーさん・パー子さん夫妻。いつも、お中元やお歳暮に、ユニークなものを贈ってくれるという2人。

「持ってみたら、大きさのわりに軽いのでびっくり。段ボール箱を開けたら、メロンパンと書かれたインパクトのある大きな箱が出てきて、またびっくり。開けると、なんと直径30cm近くあるメロンパンが入っていて……。合計3度もびっくりしちゃいました(笑)」

その正体は、東京・麻布十番に本店を置くパン専門店の『モンタボー』がつくる、ビッグサイズのメロンパン。通常のメロンパン10個分のサイズで、中にはチョコレート味の生地が入っている。素朴なメロンパンの味とのバランスがよく、見た目だけでなく、舌も充分に楽しませてくれる一品だ。
「メロンパンは、昔から好きで、おやつなどによく食べていました。決して派手ではないけれど、いつも変わらない、ほっとする味が好きなんです。誰にもなじみ深いパンが、こんな特大サイズに。その意外性にやられましたね」

日頃から、周りの人に喜んでもらうのが、何よりうれしいという城之内さん。ペーさん夫妻のユーモアとサービス精神に大いに共感し、「このおもしろさがわかる人にぜひ贈りたい」と、自ら手みやげにするようになった。贈る相手は、子どもがいる家族や、若い人が多い職場など。相手から「何これ! おもしろい!」という反応がかえってくるたびに、「してやったり」という気持ちになるという。

「『おいしいもの』は、人それぞれの好みにもよると思うので、できるだけ、プラスアルファの何かがあるものを贈りたい。それが『笑い』だと、なお楽しい気持ちになるんです」

城之内早苗さん
じょうのうち・さなえ 歌手

1985年、「おニャン子クラブ」の一員としてデビュー。翌年、「あじさい橋」にてソロデビューを果たす。現在は、演歌歌手として数多くのステージに立つ。最新シングル「豆桜」が好評発売中。

モンタボー●東京都港区麻布十番2・3・3 ☎03・3455・7296 賚8時30分〜21時、元日休。本店のほか、全国に約70店舗あり。1箱1,987円。賞味期限は製造日含め4日間。チョコレート味のほか、いちご味もあり。購入は通販のみ。http://mont-thabor.jp/

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE