暮らしに役立つ、知恵がある。

 

チェストの取っ手、デザインが気に入りません。

目にするたびに、きれいにしなくちゃ、直さなくちゃ、と思っている家の中の小さなイライラ。
ラクに解消する方法をDIYアドバイザーの山口利江さんに聞いた。

文・長谷川未緒 イラストレーション・マエダユウキ

チェストの取っ手、デザインが気に入りません。

家具の取っ手の付け替えは、DIYが苦手な人でも簡単にできます。最近はさまざまなデザインがあるので、インテリアの雰囲気を変えたいときにもおすすめ。新しい取っ手を購入する際は、替えたい取っ手がついている扉の厚み、ネジの規格、ネジの穴がふたつあるタイプなら、その間の長さが合うものを選びましょう。

便利な道具を活用すれば、たいてい自分で補修できます。

経年や不注意によってできた家の傷や不具合は、放置すると劣化が進むため、被害が小さいうちに補修したい。プロに頼むと費用がかさむが、DIYアドバイザーの山口利江さんによると、ホームセンターには、さまざまな製品が販売されており、それらを使えば、ビギナーでも簡単に直せるそう。

「自分の家に使えるものかどうか、製品を買う前に裏側の表示などをよく見て、確認しましょう。自分で直す場合は、完璧な仕上がりを求めすぎずに、プロセスを楽しむことも大切だと思います。ここでは、よく相談を受ける家の補修ポイントと、便利な道具を紹介しますので、ぜひ試してみてください」

  • 山口利江

    山口利江 さん (やまぐち・としえ)

    DIYアドバイザー

    木工教室の講師やDIY店スタッフなどを経て、2014年に「ぐっさん工房」をオープン。木工教室のほか、リフォーム希望者へのアドバイスや家具製作なども行う。

『クロワッサン』1090号より

  1. HOME
  2. くらし
  3. チェストの取っ手、デザインが気に入りません。

注目の記事

編集部のイチオシ!

人気ランキング

  • 最 新
  • 週 間
  • 月 間

オススメの連載