くらし

通知が多すぎる、バイブをオフにするには?【スマホの悩み相談室】

何かと困る、スマホの悩みをスマホ活用アドバイザーの増田由紀さんに聞きました。
  • 撮影・山本康典 イラストレーション・佐々木一澄 文・田辺 香

Q. 一日中、メッセージやSNSなどの通知が止まりません。対処法はありますか?

「メールやアプリ、すべての通知がオンになっていれば、絶え間なく通知が届くはず。
LINEの場合、登録相手によって通知のオンとオフを簡単に切り替えることができます。
同じように、自分にとって通知が必要かどうかを見極めて設定を変更しましょう。
例えば〝雨雲が近づいています〟といった天気予報アプリの通知なら、洗濯物を取り込む目安になるのでオンに。ダウンロードしたアプリから、緊急性の低い〝新しい機能が追加されました〟などの通知が多い場合はオフにしても」。

iPhoneは「おやすみモード」、AndroidのOS9.0以降には「おやすみ時間モード」というメニューがある。こうしたメニューを利用し、設定した時間内だけ通知をオンにする方法も。

Q. 突然バイブが鳴ってびっくりします。 オフにする簡単な方法は?

仕事の会議中や電車に乗っている時、静かな会場や美術館に出かけた時など、バイブの振動が鳴り響いてあわてたことがある人は多いはず。

「そんな時、あせって電源を切ってしまう人がいますが、電源を切ると再起動するのに時間がかかりますし、電力も消費します。
Androidの場合は音量のボタンをマイナスの方向に押し続けると、バイブからサイレント状態になります。iPhoneの場合は『設定』内の『サウンドと触覚』をタップし、バイブレーションの『着信スイッチ選択時』と『サイレントスイッチ選択時』をオフに切り替えます。
ただしAndroidもiPhoneも機種やOSのバージョンによって設定方法に違いがあります。自分のスマホのオフにする方法を確認して、あらかじめ設定しておきましょう」

増田由紀

増田由紀 さん (ますだ・ゆき)

スマホ活用アドバイザー

スマホ&PCの使い方を学べる大人向けのオンラインスクール「パソコムプラザ」代表。『いちばんやさしい60代からのiPhone』(日経BP)など著書多数。

『クロワッサン』1072号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。