くらし

余らせがちなネギで作る万能調味料と使い方【松田美智子さんのレシピ】

料理のアクセントに必須の香味野菜を調味料に。日持ちする上に使い勝手のいい万能の〝調理の素〟が完成!
  • 撮影・荒木大甫

●青ネギ油

ねぎの青い部分の薄切り1カップ、塩小さじ1と1/2、ごま油1/4カップを合わせ混ぜる。密閉容器に入れ、冷蔵庫で3〜4日保存可。

(こんな料理にも)
ラーメンに加えて一味上の仕上がりに。豚肉と合わせておくと野菜炒めの味付けが簡単にできる。
 ↓

青ねぎとひじきの焼きうどん

ひじきは流水で洗い、さっと炒めて食感を活かすのがポイント。

【材料(1人分)】
茹でうどん 1玉
酒 大さじ2
ひじき 3g
干し海老 大さじ1と1/2
青ネギ油 大さじ2
胡椒 少々
醤油 小さじ1
削り節 少々

【作り方】
1.茹でうどんは酒と合わせて手でほぐしておく。ひじきは水で戻し、海藻くささが消えるまで流水にさらす。
2.フライパンに青ネギ油を入れて中火にかけ、干し海老をさっと炒め、ひじきを加え炒める。
3.2に1のうどんを加え炒め、胡椒をふり、味をみて鍋肌から醤油を入れ、香ばしさを出してさっと炒める。器に盛り、削り節をあしらう。

余らせがちな香味野菜で作る、アレンジ自在の万能調味料。

「にんにくや生姜など、最近は、香味野菜もお安いものではないので、使いきれず残すのは本当にもったいない。少しの工夫で、いろいろな料理に使える万能の調味料ができます」

松田美智子さんが提案する香味野菜の調味料は、作り方もごくシンプル。

「香味野菜は、調味料に合わせておくだけでなじんでゆくので、時間が経つごとに味が変化します。今回、青ねぎは油と合わせましたが、基本的には油は入れないのがおすすめ。オリーブオイルやごま油など、調理するときに選んで合わせると洋風、和風、中華風と出来上がりをアレンジできます」

ちょっとした酒の肴や肉料理、手早く作る一皿ご飯、と自在に使い分けて。

「これがあると日々の料理作りが楽になる。ちゃんと作るんだけど、手間は省けるというのが理想。この万能調味料はそれを叶えてくれるはずです」

松田美智子

松田美智子 さん (まつだ・みちこ)

料理研究家

近刊『普段もハレの日も作りたい、家族が喜ぶ おすし』(文化出版局)も好評。今回の生姜酢も、さまざまなアレンジで登場するので必読!

『クロワッサン』1063号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。