くらし

カメラから逃げるペットをかわいく撮るには? プロが答えるペット写真の悩み。

写真だとなぜかかわいさ減……という悩みを解消するべく、撮り方のコツをプロが解説。オンラインで撮影レッスンも開催しました!
  • 撮影・清水奈緒 文・薄葉亜希子

お悩み

薄葉亜希子さん × みーすけくん

(1) 動きのある写真がぶれて上手に撮れない。

(2)カメラを向けるとプイッと逃げてしまう。

(3) 明るいと黒目が細くなって目つきが悪い。

ちょっと残念な、いつもの写真に写真家の清水奈緒さんがアドバイス。

周りのものがごちゃごちゃ。
かわいい表情も暗くぶれて、残念。

カメラから逃げたり、動きがすばしこくてきれいに撮れないという悩みは、まさに猫好きのあるある。清水さんいわく、ぶれを防ぐには明るい場所で撮ることが必須だ。

「その際、自分の影が入らないように気をつけて。横から光が差す場所なら影になりにくく、動くシーンもきれいに写せますよ」

目線が合わずにプイッとそっぽ。

そっぽを向いてしまう時は、無理に自分の目線で追いかけないのもコツ。画面を覗かず、スマホだけをそっと回り込ませると、案外逃げずにうまく撮れるそう。慣れてくれば、飼い主を意識していない無防備な表情を捉えることも可。

中途半端な構図は、画角を工夫したい。
逆光でぼやん。目つきも、やや悪い…。

「瞳孔が細くなるのも、猫の愛らしさのひとつ。おすすめは下からの角度です。猫特有の口元のかわいさが強調されて愛嬌のある顔に」

もっと顔に フォーカスを。

対処法

清水さん

(1) 明るい場所に移動して影を作らないように。

(2)ノーファインダーで回り込んで撮ってみる。

(3)細い黒目でも下からあおるとかわいい感じに。

\これはお墨付き!/

余計なものがない点と凹みに重さを感じられる臨場感がグッド。

\もっとかわいく! 撮れました。/

清水奈緒

清水奈緒 さん (しみず・なお)

写真家

人物や風景など物語を感じる作風が人気。10歳の愛猫デコと暮らす。著書に『猫の撮リセツ』(エクスナレッジ)がある。

薄葉亜希子

薄葉亜希子 さん (うすば・あきこ)

ライター

女性誌やWEBを中心に美容記事やコスメ情報などを執筆。3歳のオス猫みーすけのやんちゃぶりに振り回されつつも、日々うまく撮りたいと願う。

『クロワッサン』1056号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。