くらし

かわいいアップ写真やおしゃれな構図など、プロが指南するペット写真の撮り方。

写真だとなぜかかわいさ減……という悩みを解消するべく、撮り方のコツをプロが解説。オンラインで撮影レッスンも開催しました!
  • 撮影・清水奈緒 文・薄葉亜希子

お悩み

北條久美子さん × マールくん

(1) アップの写真をもっとかわいく撮りたい。

(2)くつろいでいる写真をおしゃれにしたい。

(3) 散歩中の写真がなぜか構図的に映えない。

ちょっと残念な、いつもの写真に写真家の清水奈緒さんがアドバイス。

後ろの棚のほうが目立ってしまう。

「今、いい!と撮っても、かわいさ40%なんです」という北條久美子さんの相談に対し、清水さんは望遠機能を使うようにアドバイス。

「近づくと動きが止まってしまうので、少し離れたところからズームで狙って。倍率は2倍まで。画像が荒れずにきれいに撮れます」

惜しい! 遊ぶ動きが出るとさらにグッド。

同時に試したいのがアングルの工夫だ。思い切り上から、もしくは下から構えて床や天井を入れてすっきりさせると、おしゃれな構図が作りやすい。

かわいい目元が見えにくく残念。

さらに活用したいのが手前を写すインカメラ機能。

「森や空を背景に、抱っこして自分の体をよけてパチリ。思いがけない表情や雰囲気を切り取れます」

写り込みのごちゃっと感が気になる…。
くつろぐ顔にはグッと寄りたい。

対処法

清水さん

(1) ズーム機能をちょっとだけ利用して撮る。

(2)床や天井を活用してすっきりした画角で。

(3) 抱っこしながらインカメで背景ごと狙う。

\これはお墨付き!/

公園の雰囲気と佇む姿がマッチ。全身を入れた構図もかわいい。

\もっとかわいく! 撮れました。/

清水奈緒

清水奈緒 さん (しみず・なお)

写真家

人物や風景など物語を感じる作風が人気。10歳の愛猫デコと暮らす。著書に『猫の撮リセツ』(エクスナレッジ)がある。

北條久美子

北條久美子 さん (ほうじょう・くみこ)

ライフスタイリストとして活動し、自分らしく生きるヒントを伝える講座を持つ。愛犬マールとの暮らしは今年の春から。かわいい姿を撮りたいと奮闘中。

『クロワッサン』1056号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。