くらし

にんじんがあれば、副菜の幅が広がる! 4つのレシピ記事まとめ。

甘みがあって、生でも火を入れても美味しく食べられるから、どんな料理とも相性のいいにんじん。にんじんを使った副菜で野菜をたっぷりいただきましょう。
  • 文・クロワッサン オンライン編集部

1.キャロットラペ。

家庭でも簡単に作れる洋風サラダのキャロットラペ。プロのコツはオレンジジュースとマヨネーズを使い、じっくり寝かせること。できれば一晩冷やしてみてください。

⇒詳細はこちら

2.塩もみ人参を使った人参のシリシリ。

塩もみ人参があれば、料理の幅が広がり、時短にもなります。具材を炒めて完成する簡単人参シリシリはおつまみにもぴったりです。

⇒詳細はこちら

3.ごぼうとにんじんのウスターきんぴら。

にんじんを使った副菜といえば、きんぴら。いつもの甘辛い味付けも美味しいけど、たまには洋風もいかが? ウスターソースと赤ワインに、ローリエの香りも利かせたパンにもごはんにも合う味です。

⇒詳細はこちら

4.かぶと柿のサラダ。

箸休めにぴったりな柿とカブのサラダ。柿のほんのりとした甘さとクセのないカブが口の中をさっぱりさせてくれます。超・簡単なのでサッと作れるのも嬉しい。

⇒詳細はこちら

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。