くらし

ごぼうとにんじんのウスターきんぴら【ワタナベマキさんの作り置きレシピ】。

副菜になるだけでなく、主菜にもアレンジ自在。作り置けば重宝すること間違いなしの野菜料理を、ワタナベマキさんに教わります。
  • 撮影・津留崎徹花 文・新田草子

ごぼうとにんじんのウスターきんぴら

ウスターソースと赤ワインに、ローリエの香りも利かせた洋風きんぴら。パンにもごはんにも合うので、どんな献立にも組み込みやすい。

【材料】(作りやすい分量)
ごぼう1本
にんじん1本
ローリエ1枚
赤ワイン大さじ2
ウスターソース大さじ2
オリーブオイル大さじ1 
塩・粗挽き黒こしょう各少々 

【作り方】
1.ごぼうは皮をこそげ、7〜8mm厚さの斜め切りにしてから、縦に2等分にする。水に3分さらして水気を切る。にんじんは縦に2等分し、7〜8mm厚さの斜め切りにする。
2.フライパンにオリーブオイルを入れて中火で熱し、1とローリエを加えてごぼうが軽く透き通るまで炒める。
3.赤ワインとウスターソースを加えてひと煮立ちさせ、蓋をして弱火で約7分蒸し煮にする。
4.蓋を取って中火にし、汁気がなくなるまで炒めて、塩、黒こしょうで調味する。

冷蔵庫で4日間保存可能。

[アレンジ]

軽く刻むといろいろな料理に使える。リゾットの具や、ひき肉と混ぜて丸めて焼けば、食べごたえとコクのあるハンバーグに。

ワタナベマキ

ワタナベマキ さん

料理家

シンプルな中に発見のある、日々の食卓に役立つレシピで人気。著書に『ほったらかしでおいしい! 蒸しレシピ』(学研プラス)ほか多数。

『クロワッサン』1039号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。