くらし

ノンオイルで作る、おやつにもいい餃子の皮せんべい【ヒャダインの台所 Vol.74】

人気音楽クリエイター・ヒャダインさんが度々Twitterでアップする食事が美味しそう、もっと食事の内容を詳しく知りたいとクロワッサン オンラインでレシピを連載中。
今回は現在発売中のクロワッサン最新号「フライパンひとつで作る、 絶品料理56。」にちなみ、フライパン料理を紹介してもらいました。

今日のメニュー。

Photo:ヒャダインさん

ども。餃子って美味しいですよね。焼いても蒸しても揚げても美味い。肉でもエビでも野菜でも美味い。ってことは餃子の皮がそもそも美味いんじゃないか、と思いまして今回餃子の皮だけを買ってきて色々作ってみました。

フライパンに皮をひいてその上に卵をのせて作る目玉焼きも美味かったんですが、今回オススメするのは皮せんべいです。というのもね。今回のテーマが「フライパンひとつでできる料理」てことだったんで長年使ったフライパンに別れを告げて新しいフッ素樹脂フライパンセットを一式買い揃えたんですよ。前のやつはテフロンも樹脂もダメになってましたからね。するとどうでしょう。油を使わなくても調理らくらく! 現代文明って素敵!
今回せんべいを作るにあたっても完全ノンオイル。塩も加えずそもそもの塩っけだけで作りました。パリパリかつ餃子の皮感も残り、手が止まらない! 塩とか七味とかかけておつまみにしてもよし、お子さんへのおやつでもよし。余った皮は焼けば良し!

【餃子の皮せんべいのヒャダイン流レシピ】

<材料(作りやすい分量)>

餃子の皮 一袋

作り方
1. フッ素樹脂加工のフライパンで四等分に切った皮をなるべくかぶらないように焼く。
2. 焼きながらなるべく重なっているものを剥がしながらきつね色になるまで中弱火で焼く。
3. ぷくぷく膨れてきたらできあがり!

>過去のレシピ一覧はこちら!

ヒャダイン

ヒャダイン

音楽クリエイター

本名、前山田健一。1980年大阪府生まれ。3歳の時にピアノを始め、音楽キャリアをスタート。
作詞・作曲・編曲を独学で身につける。京都大学を卒業後2007年に本格的な音楽活動を開始。
動画投稿サイトへ匿名のヒャダインとしてアップした楽曲が話題になり屈指の再生数とミリオン動画数を記録。タレントとしても多数のTV、ラジオレギュラー番組に出演。初の著書「ヒャダインによるサウナの記録2018~2021」が9月30日発売。料理歴は10年。得意料理はぶり大根。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。