くらし

甘みが増すいちじくで、おしゃれな一皿が作れる3つのレシピ記事まとめ。

秋になると甘みが増すいちじく。そのまま食べても美味しいですが、おしゃれで美味しい一皿に! お酒にも合うレシピをまとめました。
  • 文・クロワッサン オンライン編集部

1.いちじくとブルーチーズの甘酒和え。

甘酒と、ブルーチーズは発酵食品同士で、好相性。栄養価が高く、デザートにも、クラッカーに乗せればおつまみにも! 白ワインにぴったりです。

⇒詳細はこちら

2.クレソンといちじくのサラダ。

いちじくの甘みとクレソンの苦味がクセになる、華やかサラダ。いちじくは氷水でシャキッとさせましょう。フレッシュないちじくが手に入るこの季節に試してみて。

⇒詳細はこちら

3.バターとフルーツの甘いガレット。

フライパンで作れるそば粉のクレープにいちじくやぶどうなど、秋の味覚を添えたごちそうガレット。盛り付け次第でホームパーティの主役に。

⇒詳細はこちら

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。