くらし

時間の使い方が上手な人のノウハウがわかる3つの記事。

忙しさに追われる人と、そうでない人の差は何でしょうか? アクティブなのに時間に追われていない、賢い時間術を持つ人を3人紹介します。
  • 文・クロワッサン オンライン編集部

1. 超多忙の感性アナリスト・黒川伊保子さんの「忙しい」から逃れる8の知恵。

1年間で合計140本ほどの講演をこなし、著書を5冊出し、経営する会社の仕事も家事も行う黒川伊保子さん。それでも「忙しいと思わない」極意とは? 迷わない、明日できることは今日しないなど、見習いたい考え方がいっぱいです。

 ⇒詳細はこちらから

2. 超多忙のCMプランナー・福里真一さんの「忙しい」から逃れる7つの知恵。

多い時には企画しなければならない案件を同時に15件ほど抱えていることもあるという福里真一さん。忙しさを逃れる知恵には、『こうでなければいけない』と思わないことも有益だそう。頑張りすぎないライフスタイルを取材しました。

 ⇒詳細はこちらから

3 .有限な時間をうまく使いこなす、「SAMURAI」マネージャー佐藤悦子さんの8つの行動理念。

日本を代表するクリエイティブディレクター、アートディレクターで、夫でもある佐藤可士和さんや、手掛けるプロジェクトのマネージメントを担当している佐藤悦子さん。仕事や家事の効率も上がるポイントを聞きました。

⇒詳細はこちらから

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。