からだ

天気の悪さから来る心身の不調に悩む人のための3つの記事。

梅雨の時期は、気分の落ち込みや体の不調も起こりやすいもの。どうして天気と心身が関係するのか、対処法はあるのか。医師に話を聞きました。
  • 文・クロワッサン オンライン編集部

1. 暑い季節の準備期間に起こりやすい心の不調、この気分のもやもやの原因は?

梅雨から夏にかけてのこの時季、なぜかやる気が出ない、気分が落ち込む、疲れを感じる、眠れない…。「この時季の不調の理由のひとつは天候にあります。」と言うのは、精神科医師の吉野聡さん。今の時期、ココロに出やすい3つの症状と対策を教わりました。

 ⇒詳細はこちらから

2. しんどさを生む「気象病」とは?

気象病研究の第一人者、佐藤純さんに、天候の変化で起こるさまざまな不調について話を聞きました。気圧の変化が耳に影響し、それによる自律神経の乱れが、頭痛・肩こりの原因にも。

⇒詳細はこちらから

3. 気象病には対処法があります。

引き続き佐藤純さんに、気象起因の不調対策について教わります。規則正しい生活で自律神経を整え、漢方の力も借りるなどして対処しましょう。

⇒詳細はこちらから

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。