くらし

意外と面倒なカーテンの洗濯。効率よくやりたい。

プロに頼む前に、自分でできる修繕法を、住生活ジャーナリストの藤原千秋さんに聞きました。
  • 撮影・黒川ひろみ 文・長谷川末緒

Q.意外と面倒なカーテンの洗濯。効率よくやりたい。

A. 
気付かないうちに埃や花粉などの汚れが付着しているカーテン。品質表示を確認して水洗い可ならば、自宅で洗濯ができる。レールから外してフックも取り、じゃばらに折りたたんで大きめの洗濯ネットに入れる。おしゃれ着用中性洗剤で洗濯機の一番丁寧なコースを選んで洗う。フックは食器用洗剤を少量入れたぬるま湯で洗う。洗い上がりは濡れたままカーテンレールに戻せば、自重でしわも伸び、きれいに干し上がる。

「ただし黒カビが生えていたら、プロのクリーニングへ」

藤原千秋

藤原千秋 さん (ふじわら・ちあき)

住生活ジャーナリスト

おもに住まい・暮らしを専門に、執筆や監修、企画に携わる。著書に『この一冊ですべてがわかる! 家事のきほん新事典』(朝日新聞出版)など。

『クロワッサン』1046号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。