くらし

カーペットの傷や汚れ。自分でケアできますか?

プロに頼む前に、自分でできる修繕法を、住生活ジャーナリストの藤原千秋さんに聞きました。
  • 撮影・黒川ひろみ 文・長谷川末緒

Q.カーペットの傷や汚れ。自分でケアできますか?

A.
カーペットは自宅で簡単に洗濯できず、汚れを放置しがち。

「小さなシミなら、薄く中性洗剤を溶かしたぬるま湯をスプレー。雑巾でシミを広げないよう、叩くようにして落としたあと、ぬるま湯をスプレーして洗浄成分を落とします。コーヒーをこぼしたような大きな汚れは、リンサークリーナーを使って落とすと、丸洗いしたようにさっぱり。ソファやクッションなどにも使えて衛生的。最近特に人気です」

タバコやお香、キャンドルなどの焼け焦げや、虫食いによる穴あきなどは、下の修繕方法を試してほしい。

焦げてしまったときは…

(1)お香を落としてカーペットについた焦げ跡。直径1cm程度で、貫通まではしていない。

(2)焦げ跡と同じ色のカーペットの端の繊維を、ハサミやカッターなどで薄く切り取る。

(3)穴の大きさが1cm程度の焦げ跡の場合は、直径2〜3cmのボールになるくらいの繊維が必要。

(4)コットンやウール、化繊など素材に合わせて手芸用や木工用接着剤を用意し、焦げ跡に塗る。

(5)ようじを使って、3で用意した繊維をカーペットの焦げ跡に少しずつ埋め込んでいく。

(6)完成。焦げ跡がわからないほどに。地模様がある場合、穴と同じ色味の繊維を集めるのがコツ。

汚れてしまったときは…

カーペット、ソファ、車のシートなどには、布専用の掃除機を。水と空気の力で汚れを吸い取る。

リンサークリーナー RNS-P10-W ホワイト 1万6280円(電気製品専用アイリスコール TEL.0120・311・564)
藤原千秋

藤原千秋 さん (ふじわら・ちあき)

住生活ジャーナリスト

おもに住まい・暮らしを専門に、執筆や監修、企画に携わる。著書に『この一冊ですべてがわかる! 家事のきほん新事典』(朝日新聞出版)など。

『クロワッサン』1046号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。