くらし

ふとした時間を豊かに過ごす、ドリップコーヒーの淹れ方。

日々の隙間に少しだけできた、自分だけの時間。ゆったりと心が満たされるような使い方を考えてみました。
  • 撮影・馬場わかな 文・松本昇子

ドリップコーヒーをゆったり淹れる。

「昔から喫茶店でコーヒーを飲みながら過ごす時間が好きだった」という高橋美賀さん。パリのアパルトマンを思わせるような小さな店で、コーヒーサロンを営んでいる。

「本を読んだり、考えごとをしたり。そんなささやかな大人のひとり時間を提供できる場所を、自分でも作りたいと思ったんです」。

自宅でも目覚めに、気持ちの切り替えに、リラックスにとコーヒーを飲む。でも実は、ドリップする行為が一番好きだという高橋さん。

「道具も多いし、手順も面倒だと思うかもしれませんが、淹れる工程を楽しんでほしい。忙しない朝には気付かなかった、豆をミルで挽いたときの強く立ち上る香りや、コーヒー粉が蒸らされて膨らむ様子など、意外な発見があると思います」

「ドリップセット、ポット、ブレンダー、カップなどの道具をトレイにまとめておくと便利です」

トライ!

(1)深めのスプーンに2杯半(約25g)の豆を電動ブレンダーに入れて上下にシェイクし、挽き具合を確かめながら10秒間細かく砕く。紙のフィルターの場合は中挽きに。

(2)沸騰させた湯をドリップ用ポットに移し替える。1分ほど待つと、ちょうど90度くらいに下がる。「このひと手間で温度の調整もできるので、ポットはあると便利」

(3)湯を3まわし(下に落ちてこないくらい)して一旦蒸らす。おおよそ1分。少しずつ気泡が表れ、豆はマットな質感になる。「粉が膨らむ様子もおもしろいですよ」

(4)2投目からはゆっくりと小さい"の"の字を描きながら3まわし。点滴のようにぽたぽたとサーバーに落ち、ふくらみが沈んだらお湯を足す、を繰り返す。

(5)ポットの湯を空のカップに入れて器を温めておく。「最適な温度で飲むために必要な工程。軽く温まったらコーヒーを注ぐ前に捨ててください」

(6)5分くらい淹れると、たっぷり1杯分。
「5分程度の好きな曲を流しても」。自身のお気に入りはくるりの『ばらの花』と奥田民生の『イージュー★ライダー』。

高橋美賀

高橋美賀 さん (たかはし・みか)

MOON mica takahashi COFFEE SALON 店主

雑貨店、アパレル店員を経てコーヒーの道へ。2018年に東京・四谷4丁目に現在の店をオープン。Instagram:@micatakahashi

『クロワッサン』1043号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。