くらし

セロリが味わい深くなる、4つの絶品レシピ記事まとめ。

香味野菜の代表セロリ。サラダはもちろん、火を通しても美味しくなる食材です。今回は体にもいい4つのレシピをまとめました。
  • 文・クロワッサン オンライン編集部

1.きゅうりとセロリの搾菜和え。

そろそろ冷菜が美味しい季節。味付き搾菜を調味料として使ったきゅうりとセロリの和えものは、おつまみ、ホームパーティーにおすすめ。きゅうりの種の部分を取り除くと味がしっかり入ります。

⇒詳細はこちら

2.セロリといかのくん製レモンマリネ。

旨みの固まりいかくんは、野菜と相性抜群。作ってからしばらく置いておくと、漬物的な深い味わいに。レモンの香りがさわやかだから、これから初夏におすすめの副菜。

⇒詳細はこちら

3.青いミネストローネ。

セロリほか、ブロッコリー、ズッキーニ、小松菜など青物野菜をたっぷり使ったミネストローネ。野菜不足を感じたとき、胃腸の不調を感じたら、大鍋いっぱい作って野菜の滋養を味わいましょう。

⇒詳細はこちら

4.セロリと厚揚げのシンプル煮。

花椒の香りが食欲をそそる! セロリの茎が火入れして透明になったら調味料を加えて一気に仕上げ。簡単なのに箸が止まらなくなる絶品おかずに。

⇒ 詳細はこちら

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。