くらし

キッチンは工夫を凝らす最重要エリア。プロが教える家事をより楽にするアイデア。

いかに家事を楽にできるかを、整理収納コンサルタントの本多さおりさんと整理収納アドバイザーの水谷妙子さんに聞きました。
  • 撮影・黒川ひろみ 文・板倉みきこ

長さやサイズがバラバラで収納しにくい調理道具は 取り出しやすいよう余白を作って縦置きに。

お玉やフライ返しなど、調理道具は長さや形がバラバラで、まとめて収納すると取り出しにくい。
「コンロ下の引き出しに仕切り付きボックスを入れ、数を厳選して1マスずつに立てて収納。これならすぐ取り出せます」(水谷さん)

シンク上に、水がたれやすいクロスやゴム手袋を吊るす。

台所用の手拭きやゴム手袋からたれる水滴防止策。
「吊り戸棚の棚板につけられるニトリの差し込み式タオルホルダーに手拭きを吊るし、手袋は戸棚の中のカゴに引っ掛けたワイヤークリップに挟んで乾かします」(本多さん)

\吊るしておけば水滴はシンクへ。 床が濡れません。/

水筒は蓋と分けて収納すれば、取り出してすぐ飲み物を注げる。

水筒は蓋と本体を別々に収納。
「中身を注ぐ時にいちいち外す手間が省けます。使う状況を想像して、使い勝手よくしておくのがストレスフリーの収納です。食器棚の中なので、ホコリが溜まる心配もいりません」(水谷さん)

排水口の蓋は撤去して、溜まったゴミをすぐ捨てることを習慣化。

排水口のゴミ受けに蓋があると、汚れやぬめりの原因に。掃除が不快になり、汚れも増す。
「排水口の蓋を外してしまい、底の浅いゴミ受け皿に替えました。溜まった状況が一目瞭然なので、すぐ捨てる癖が身につきます」(水谷さん)

キッチン用品はS字フックを多用してレンジフードに吊るす。

まな板などのキッチン用品を吊るせば、調理台がスッキリ。
「以前の住まいは磁石フックをレンジフードの側面につけていましたが、今は引っ掛けられる仕様になったので、無印良品の横ブレしにくいS字フックに」(本多さん)

1軍調味料は残量がわかる容器に詰め替え、色別シールで識別しやすく。

”見える化”を徹底し在庫を管理。「よく使う調味料は透明の容器に詰め替え、コンロ横の引き出しに。容器を取り出さなくても残量を確認できます。視覚的にもすぐ判別できるよう、商品パッケージと同じ色でラベリング」(水谷さん)

1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。