くらし

家族が過ごすリビングをスッキリと。プロが教える家事をより楽にするアイデア。

いかに家事を楽にできるかを、整理収納コンサルタントの本多さおりさんと整理収納アドバイザーの水谷妙子さんに聞きました。
  • 撮影・黒川ひろみ 文・板倉みきこ

室内干しやちょっと掛けに対応するバーを設置。

リビングの窓に沿って作り付けた長い木製バー。「賃貸物件に住んでいた時は、物干しスタンドやドアハンガーなどを使っていました。室内干しに便利で、夫の帰宅後、スーツを一時的に掛けておくのにも活用します」(本多さん)

\日の光を浴びるので 室内干しでも 乾きやすいです。/

ティッシュを箱ごと吊るすと使い勝手がよく省スペースに。

革小物作家に作ってもらった、吊るせるタイプのティッシュケース。「テーブル下のバーに吊るしたら、テーブルがスッキリ広々。吊るす収納の真骨頂です。子ども用のウェットティッシュは椅子に吊るしています」(本多さん)

バインダーをジャンル別にテープで色分け。容量いっぱいになったら仕分ける。

一時保管分のプリントはバインダーに挟む。
「小学校、保育園など項目ごとに色分けテープを貼り、感覚的にわかるように分類。溢れるほどになったら見直しのタイミング。処分するか、長期保管用の書類棚へ移動します」(水谷さん)

引き出しを1段ずつ抜けば、中身が見やすく出し入れも楽チン。

様々な形状の文房具を入れている半透明のボックスは、引き出しと棚板を半分撤去。
「少し上から中身が見えるから、どこに何が入っているかわかりやすいし、引き出しの上部に隙間ができるので、出し入れも楽です」(水谷さん)

シールの貼り方を替えるだけで1枚ずつ取りやすくなる。

ちょこっと掃除にも使うウェットシートはケースに入れて。
「シールをいったんはがし、縦方向に貼り替えて取り出し口の幅を狭めると1枚ずつ取り出しやすくなるということを夫が発見。プチイライラの解消に役立ちました」(水谷さん)

本多さおり

本多さおり さん (ほんだ・さおり)

整理収納コンサルタント

昨年フルリノベーションした中古マンションに暮らす。近著は『暮らしをまわす−ためず、まよわず、よどみなく−』(エクスナレッジ)。

水谷妙子

水谷妙子 さん (みずたに・たえこ)

整理収納アドバイザー

「無印良品」で商品企画・デザインを13年務める。近著は『水谷妙子の取捨選択 できれば家事をしたくない私のモノ選び』(主婦の友社)。

※写真の商品は全て私物です。現在は売り切れていたり、販売を終了している場合もあります。

『クロワッサン』1040号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。