くらし

簡単で味わい深い、牛肉とじゃがいもの重ね煮。【川津幸子さんのレシピ】

一見難しそうなオーブンを使ったり、重ね煮をマスターすれば夕食作りが激変。湯気の立つ絶品料理が簡単に。これを使わない手はない。
  • 撮影・小林キユウ 文・室田元美

牛肉とじゃが芋の重ね煮

じゃが芋、牛肉、玉ねぎを段々に重ね、ソースを加えて煮るだけ。牛肉、玉ねぎを香ばしく炒めておくことが、味わい深さの秘訣。

【材料(4人分)】
牛こま切れ肉300g
じゃが芋500g
玉ねぎ1/2個
にんにく1かけ
顆粒鶏スープの素小さじ2
A[トマトジュース(食塩不使用)1カップ、赤ワイン1/2カップ、ウスターソース大さじ2]
ローリエ1枚
バター大さじ2
塩・こしょう各適量
サラダ油大さじ1、パセリ少々

【作り方】
1.牛肉は軽く塩・こしょうをふる。玉ねぎは薄切り、にんにくはみじん切りにする。
2.フライパンにサラダ油を熱し、牛肉を入れて香ばしく焼き、取り出す。続けてバター大さじ1を熱して、にんにく、玉ねぎを入れて3〜4分炒め、取り出す。
3.鍋に皮をむき5mm厚さに切ったじゃが芋(水にさらさなくてよい)と2、顆粒スープの素を交互に重ね入れ、Aを加える。こしょう少々をふり、ローリエ、バター大さじ1をのせて、蓋をして火にかける。沸騰したら弱火で15分ほど煮る。仕上げにパセリのみじん切りを散らす。

じゃが芋は薄切りに。粉気を利用するので水にさらさずに。
牛肉は強火でしっかり焼き色をつけ、取り出しておく。
じゃが芋、牛肉、玉ねぎ、スープの素の順に何層か重ねる。
ソース、ローリエ、バターを入れ蓋を。弱火で15分煮込む。
川津幸子

レシピ提供

川津幸子 さん (かわつ・ゆきこ)

料理研究家

得意のフレンチをはじめ独自にアレンジしたダイナミックな家庭料理が人気。『小説新潮』2021年1月号から「しゃばけごはん」の料理を担当。

『クロワッサン』1035号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。