くらし

【和田裕美のお悩み相談】否定をする人が多すぎると思います。

外資系教育会社でのフルコミッション営業で世界142カ国中第2位の成績を収めたキャリアを持つ和田裕美さんが読者の悩みに答える連載。今回は周りの否定的な発言に辟易としている女性からの相談です。

<お悩み>

モヤモヤし続けていることがあるので思い切って相談させていただきます。いつもお悩み相談大変楽しみに読ませていただいています。

世の中人のことを否定する人が多すぎると思いませんか。それも、無自覚というか悪気もないのでしょうが、言われていい気はしません。もっと髪伸ばしたらとか、そういうのです。あと「いや、違うでしょ」みたいな否定から話を始める人も苦手です。「いろんな考え方があっていいのに」と思います。もうなんか疲れてしまいました。昔から仲のいい友人以外は会話をするのが億劫です。この人はいい人かも、と思っても距離が縮まっていくとやっぱり否定的なことを言われてしまいます。自信のなさそうな見た目が悪いだろうと思います。

悪循環なのはわかっています。でもどうしてもここまでに書いたようなことが気になってしょうがないのです。お悩みというか独り言のようですが、何かアドバイスをいただけませんか。
(やまめ/女性/来年40歳)

和田裕美さんの回答

やまめさん、ありがとうございます。

否定されると嫌な気持ちになりますよね。
世の中には人を否定することで
自分が上になった気がする人がいるんです。

あ、その方にお会いしてないので
まさにそう!と断定しているわけでなく
あくまでも可能性としてあてはまるかどうか
考えてみてください。

否定のなかには
「嫉妬」という感情が含まれていることがあります。

やまめさんは、自分で「自信のなさそうな見た目」とおっしゃっていますが
それでも、やまめさんが「上司に好かれている」
「仕事ができる」「若い」「旦那さんがかっこいい(地位がある)」など
なにか相手が嫉妬する要素を持っている場合は
「なんであんな自信なさそうでおとなしいのに!
 わたしのほうが上なのに!」と思って嫉妬します。

そうなるとどうしても言動で
「わたしが上」と表現したくなり、それが相手を否定することと
イコールになってきます。

髪伸ばしたら?という意見も
そういう場合においては
「もっと長いと今よりきれい!」というポジティブなものでなく
「今の髪型似合ってないよ」というネガティブなニュアンスが
含まれてしまいます。

よって、やまめさんが
気分悪くなってしまいます。

もちろん「嫉妬」でない場合もありますが
「自信のなさそうな見た目」が
相手をより強くしてしまうのです。

あとは、やまめさんも
否定的な言葉に、以前より敏感になっていませんか?
気にするとあえてそれを探してしまうように
意識が向いてしまいます。

ほっとけ、そんな人!
無視、無視、無視、本当はそうして欲しいです(笑)。

さて、とはいえ対処法を。
1、距離を置く

2、1ができない場合は
 「否定的なことを言う人」だから
  またか〜〜という程度に受け流す。
  いちいち気にしない
  言われたらめっちゃ明るい笑顔で
  「あ〜〜さすがの指摘!胸にひびくわ〜」と言えたら最高。 

3、これがもっともよい方法
  自信のある態度になること。
  背筋を伸ばして、まっすぐ相手を見る
  「そう思わない」とはっきり言う
  など、難しいかもしれないけれど
  ここが改善すると、否定してくる人が激減します。
  弱い人や攻撃して来なそうな人に人は強くなるのです。
  だから態度だけでも毅然とする。
  難しいこと言っているかもしれないけれど
  自分を変えることが実はいちばん手っ取り早いのです。

どうかめげずに立ち向かってください!

和田裕美(わだひろみ)●作家・営業コンサルタント。京都生まれ。京都光華女子大学キャリア形成学科客員教授。書籍だけでなくラジオや会員サービス「パワースクール」など各種メディアで情報発信中。代表作に、『人に好かれる話し方』、『世界No.2セールスウーマンの「売れる営業」に変わる本』『人生を好転させる「新・陽転思考」』等。新刊に『稼げる技術』(ダイヤモンド社)、『タカラモノ』(双葉文庫)など。
 公式サイト

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。