くらし
更新:

【和田裕美のお悩み相談】SNSでネガティブなメッセージが届きます。

外資系教育会社でのフルコミッション営業で世界142カ国中第2位の成績を収めたキャリアを持つ和田裕美さんが読者の悩みに答える連載。今回は楽しみだったインスタグラムのやり取りが悩みに種になってしまった女性からの相談です。

<お悩み>

初めまして。今年の始めからインスタなるものを始めました。最初のうちは趣味の話で盛り上がり、フォロワーさんも徐々に増えて楽しめていたのですが、そのフォロワーさんの中には「?」な人もいて、毎日のようにダイレクトメッセージを送ってくるのです。

当初は意外な反応に喜んでレスしていたのですが、段々「私は寂しい」「友達は信用できない」などとネガティブな内容に変わってきて……。自分の「他人を見る目のなさ」を責めると同時に、「厄介な人と繋がっちゃったなぁ」と怖い思いをしています。 こういうことが続くと、インスタを続けるのも怖いです。こんな私に、何卒アドバイスをお願いします。

(みじん切りジェイソン/女性/製造業に従事する、46歳のミセスです。)

和田裕美さんの回答

みじん切りジェイソンさん、こんにちは。
相談ありがとうございます。

そうか、「厄介な人と繋がっちゃったなぁ」って感じなんですね。
結論から言うと
嫌な気分になるのならお返事しなくていいです。
繋がらなくていいです。関係を切ってもいいです。
それに対して自分の見る目がとか、相手に悪いとかいう
罪悪感を持たなくていいです。
とにかく大事なことは
自分を守ること、自分を大事にすることです。
気分が悪くなることは、無理しなくていいのです。

ただ、どうしても断りにくいというのなら
「はい大変ですね~」と
そんなに真剣に向き合うことなく
ネガティブパワーをまともに受けないでかわすことも可能です。
真面目にとりあってしまうから疲れるので
右から左に受け流して
自分の人生にいれこまないようにしてください。

また、他には
ネガティブなことをぶつけてくる人を
「どんな人なんだろう?」「どんな仕事しているのだろう?」
「なんで友達がいないのだろう?」など
逆に興味を持つ方法もあります。
私の場合は悩みの相談が多いので
相手のネガティブな部分を疾患ととらえて
お医者さんみたいに
「この原因はなにか?」「どんな薬(言葉)がいいのか」と
考えることが多いのですが
こういう考え方をしていると嫌な気分にはなりません。
その人ではなく疾患に目を向けているので
ネガティブなパワーを受けないのです。

さて、ネットは匿名の世界なので
もっとフォロワーさんが多くなれば
もっと「厄介な人」が出てくる可能性があります。
だからやっぱり嫌な人を相手にしないのが一番です。
場合によってはブロックします。
わたしもブロックはしたことあります。
気にしなくていいのです。
それよりなによりも、楽しくやっていたインスタを
そんな人のためにやめないでほしいなあ。

それにしても
みじん切りジェイソンさんって
なかなか攻めたハンドルネームですね(笑)
ジェイソンというのは13日の金曜日の彼ですよね?
チェーンソーで玉ねぎをみじん切りしているところ
想像してしまいました(笑)。

和田裕美(わだひろみ)●作家・営業コンサルタント。京都生まれ。京都光華女子大学キャリア形成学科客員教授。書籍だけでなくラジオや会員サービス「パワースクール」など各種メディアで情報発信中。代表作に、『人に好かれる話し方』、『世界No.2セールスウーマンの「売れる営業」に変わる本』『人生を好転させる「新・陽転思考」』等。新刊に『稼げる技術』(ダイヤモンド社)、『タカラモノ』(双葉文庫)など。
 公式サイト

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。