くらし

リモート出演番組のホッとする笑いを楽しむ。│ しまおまほ「マイリトルラジオ」

この原稿が世に出る頃、世の中はどうなっているかしら。想像もつかない……!

もしかしたら、自分が渦中にいるかもしれない。身の回りの人が、大切な人たちが……。

コロナウィルスによって、本当に世界がガラッと変わってしまった。執筆している4月中旬現在、わたしがレギュラー出演するTBSラジオ「アフター6ジャンクション」はパーソナリティの宇多丸さんも事務所からのリモート出演となった。普段は防音のため閉められている厚く重いスタジオのドアも、換気のために開け放たれているそうだ。スタジオに入る人数も当初の4名から2名に減ったらしい。月1度のレギュラーであるわたしも、今後はテレビ電話による出演予定だ。

……緊迫した状況が続いているけれど、リモート出演は聴いていてちょっと面白い。部屋の壁紙を突っ込まれたり、親御さんが乱入したり。ハプニングから新しいスターが生まれる予感も。緊張感と在宅による緩みが妙な化学反応を起こしている。困難な局面に、ホッとした笑いをくれるから、やっぱりラジオが好きだなあって思える瞬間だった。

長い戦いになるとしたら、リモート技術が上がり、もっと聴きやすい放送になるかもしれない。そうなっても、出演者は無機質なリモート部屋なんて用意せず、キッチンから、自室から、居間から……生活感のある場所にマイクを置いて欲しいなあ。

そういうぬくもりを、今一番わたしは感じたいのです。

しまお・まほ●エッセイスト、漫画家。1997年『女子高生ゴリコ』でデビュー。著書に『マイ・リトル・世田谷』。

『クロワッサン』1021号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。