くらし

【買ってよかったもの】岡山県の調味料、紅てんぐと紅だるま。

クロワッサンのメンバーによる「買ってよかったもの」シリーズ。今回は取材先の岡山県で見つけたおしゃれで美味しい調味料を紹介します。
左・紅てんぐは柚子唐辛子、右・紅だるまは柚子胡椒。

先日岡山県へ出張に行ったとき、陳列されているこれをみて、私は初めて調味料をジャケ買いをしました。

みつけた場所は倉敷美観地区の中にある、『ピッツェリアコノフォレスタ』。薪釜で焼いたナポリピザがおいしいお店でした。

白壁が印象的な美観地区。
ピッツェリアコノフォレスタ。
林源十郎商店というデザインマーケットの母屋にあります。
日本家屋を改装した趣のある店内。
に、いました!

ちなみに同じ倉敷美観地区内の『平翠軒』という物産店にもおいてありました。

このほっとけないデザインを生み出したのは、岡山県在住の『COCHAE(コチャエ)』という、グラフィックユニット。調べてみると他にもたくさん作品が。彼らはこけしや土偶など、日本の古き良きものにスポットを当てて、命を吹き込む天才です。

だるまの、いたずらっぽい表情。てんぐの、太眉。

出張に行く度に増えていく台所の調味料を思い浮かべて、一度は頭をふりましたが、結局二つとも買いました。どっちか一つなんて、選べません。

てんぐの中身は、柚子唐辛子。
だるまの中身は、柚子胡椒。

さっそくうちへ帰って開けてみました。

紅てんぐの説明書きには、餃子など脂っこいものにも合うし、パスタにも。とあり、どっちも試してみました。
餃子は少しタレにまぜると、柚子の風味とピリ辛が合わさり、いつもよりお酒がぐんぐん進みます。
ペペロンチーノにからめたら、思ったよりドバッとでて(大さじ1くらい)けっこう辛い。
和風のタバスコといった感じでしょうか。
きっと小さじ½くらいがちょうどいい。

柚子胡椒は、味噌汁に入れたり豆腐にのせたり納豆にまぜたり、とほぼ毎日。ふわっと香るゆずの風味に食欲がそそられ、食べる量が増えました。

原材料は岡山県で作られた無添加の唐辛子と柚子と食塩のみ、というシンプルさ。だから飽きずに毎日でも欲しくなるのだと思います。

冷蔵庫を開けると「おっす!」という感じで目が合う調味料たち。そのおかしみのある表情に元気をもらい、唐辛子の効用で体もぽかぽかに。これから最高の相棒になる予感です。(カメラマンくろかわ)

くろかわ

『クロワッサン』編集部カメラマン。好きなことは写真を撮ることと、絵を描くことと、お昼にビールを飲むこと。

くろかわの記事一覧

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。