くらし

食べ応えもある主役級の一品、ナガダユイさんの3つのさば缶レシピ。

忙しい毎日にこそ摂りたい栄養豊富な海の幸。そこで活用すべきは缶詰、乾物、干物。主食材は手やハサミで調理できて下処理いらず、生にはない凝縮された旨みも楽しめる。そんな保存食の、和洋幅広いレシピをフードコーディネーターのナガタユイさんに教えてもらいます。
  • 撮影・柳原久子 イラストレーション・山本由実 文・大澤千穂

【さば缶】食べごたえある 主役級の一品。

栄養満点でボリュームがあり、しかも安価。三拍子揃った魅力ですっかり人気の定着した「さば缶」。そのままでも充分おいしいけれど、炊く、煮る、和えるといった簡単な調理で、食卓の要になる一品が完成する。

「さばの濃厚な味わいに合わせて、ご飯や煮物は少し濃いめの味つけにするのがコツ。そして生姜や香味野菜などをたっぷり入れることで、青魚特有のクセが消えてどなたでも食べやすい味になります」(ナガタさん)

さば缶の炊き込みご飯

脂の乗ったさばに合う、濃いめの醤油味は冷めてもおいしく、お弁当にも最適。たっぷりと入れた生姜が全体をピリッと引き締めて。

【材料(作りやすい分量)】
さば水煮缶詰1缶(190g)、昆布5cm角、米2合、A[醤油大さじ1と1/2、酒大さじ2、みりん大さじ1]、ごぼう1/3本、にんじん5㎝、生姜30g

【作り方】
1.さば缶をザルにあけ、さばの身と汁を分ける。ごぼうはささがき、にんじんはせん切り、生姜は皮をこそげてせん切りにする。
2.米を洗い、さば缶の汁とAを合わせて炊飯器に入れ、2合の目盛りまで水を加える(鍋で炊く場合は、調味料とさば缶の汁、水を合わせて400mlにする)。その上に昆布、にんじん、ごぼう、生姜、さばの身をのせて炊く。
3.蒸らし終わったら昆布を取り出して細切りにし、全体を混ぜる。

1 2 3
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。