くらし

ナガダユイさんの帆立缶レシピ。

忙しい毎日にこそ摂りたい栄養豊富な海の幸。そこで活用すべきは缶詰、乾物、干物。主食材は手やハサミで調理できて下処理いらず、生にはない凝縮された旨みも楽しめる。そんな保存食の、和洋幅広いレシピをフードコーディネーターのナガタユイさんに教えてもらいます。
  • 撮影・柳原久子 イラストレーション・山本由実 文・大澤千穂

【帆立缶】汁まで味わいたいごちそう缶詰。

保存食としての缶詰とは一線を画す高級食材、帆立缶。フレーク状の小さなタイプと貝柱が丸のまま入った大きいタイプがあるが「ここは思い切って貝柱まるごとの缶を」とナガタさん。

「お値段はしますが、大きい缶は身の多さはもちろん、だし汁も多い。今回は汁ごと使うレシピで、貝柱の凝縮された味わいを堪能しましょう」

雑炊と玉地蒸し、汁で和えるサラダ。帆立貝柱の贅沢な食感と上品なだしは、缶詰料理のイメージを軽く覆すはず。

帆立缶のおろし雑炊

胃腸をいたわり、消化を助ける大根おろし雑炊は、帆立缶のだしと卵の風味が溶け合うやさしい味。お好みで醤油をたらしてどうぞ。

【材料(2人分)】
帆立貝柱缶詰1缶(125g)、大根200g、三つ葉1/2束、水300ml、酒大さじ1、ご飯150g、卵1個、醤油適宜

【作り方】
1.大根をおろして軽く搾る。搾り汁はとっておく。三つ葉はさっと茹でて水気をきり、2cm幅に切る。
2.鍋に帆立貝柱缶詰、水、酒を入れて中火にかける。煮立ってきたらご飯を加えて軽く混ぜ、再沸騰したら、大根の搾り汁を加える。
3.ボウルに卵をときほぐし、2に加え、全体を軽く混ぜてから蓋をして火を止める。
4.器に大根おろしと三つ葉を合わせる。
5.3を茶碗によそい、4をのせ、好みで醤油をかけていただく。

1 2 3
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。