くらし

秋刀魚の干物と春菊のサラダ【遠藤文香さんのレシピ】

余分な水分が抜け、魚臭さが少ないのが干物のいいところ。いろいろな料理に変化させることで、ワンランク上のおいしさに出合えます。
  • 撮影・三東サイ 文・斎藤理子

秋刀魚の干物と春菊のサラダ

フライパンに敷いたクッキングペーパーの上で焼くと、後始末が楽。

秋刀魚の干物の香ばしさと春菊の苦味がよく合うサラダ。両方濃い味なので、紫玉ねぎでさっぱり感を加える。白身魚だと春菊に負けるので、青魚の干物が最適。

【材料(3〜4人分)】
秋刀魚の灰干し 2枚
春菊 1袋
紫玉ねぎ 1/2個
A[醤油 大さじ1、酢 大さじ1、砂糖 大さじ2/3、すりごま 大さじ1、ごま油 大さじ1]

【作り方】
1.クッキングペーパーを敷いたフライパンに秋刀魚を並べて中火で両面を焼いたら、頭、骨、ひれを外し、身をほぐして冷ます。
2.紫玉ねぎは薄切り、春菊は5cm幅に切って太い茎の部分は縦2等分にする。
3.紫玉ねぎと春菊を水にさらしてシャキッとさせ、水気を切る。
4.Aを合わせてよく混ぜる。
5.食べる直前に1と3、4を合わせてさっくりと混ぜる。

旨みが濃いから味付けも簡単。

「干物は食材と調味料が一緒になっているイメージ。料理に取り入れても味付けに失敗しないのがいいですね」、という遠藤文香さん。ご飯にも酒の魚にも合うのが魅力だそう。青魚好きなので、鯵や秋刀魚、鰯、鯖などでのアレンジを楽しんでいる。

遠藤文香

遠藤文香 さん (えんどう・ふみか)

フードスタイリスト

料理本や雑誌などでのフードスタイリングが人気。友人を招いて、飲みながら料理をするのが何より好き。著書に『和食器のある暮らし』(宝島社)など。

『クロワッサン』1057号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。