くらし

農場を大きくできるか!? │ 山口恵以子「アプリ蟻地獄」

  • イラストレーション・勝田 文
『ヘイ・デイ』。作物を育て、商品を売買するなどで自分だけの農場を作りあげ、発展させていくアプリ。無料。

伯父さんから譲られた農場を経営し、発展させるゲームアプリ。農業経験ゼロでも案内役の案山子のウィッカーが指導してくれるから大丈夫。

小麦やトウモロコシの種をまき、実った作物を収穫し、荒れた家や納屋を修理して、エサ作り器を導入し、鶏を飼って卵を産ませ、パン焼き釜を買ってパンを焼く。収穫した農作物や卵、パンは町へ運んで売る。

やがて農場には商品を求めてお客さんが訪れるようになり、自前の売店で商品を売ることも可能になる。

しかし、その間も休みなく畑に種をまき、鶏に餌をやり、作物や卵を収穫しないと商品が品切になる。同時進行でいくつもの作業をやり続けないといけないのだ。

正直、私、これ苦手です。担当編集者の農場はどんどん拡大して行くのに、私の農場はピンチに……。

そもそも私は土いじりが嫌いなのだ。植物を育てようと思ったことは一度もない。だからゲームとはいえ、苦手意識は如何ともしがたい。

十数年前、ある人が我家の玄関先が殺風景で寂しいからと「金のなる木」の鉢植えを持ってきてくれた。

余計なコトすんじゃねえよ!

その人はしばらくの間、定期的に我家を訪問する予定だったので、枯らすわけにもいかず、私は大きな植木鉢を買ってきて植え替えて、毎日水をやって世話をした。もう、イヤでイヤでたまらなかった。

その人の来訪が終わると、喜び勇んですぐ鉢植えを手放した。

もちろん「金のなる木」はただの植物で、金なんか生らなかった。

山口恵以子(やまぐち・えいこ)●作家。近著に『夜の塩』(徳間書店)。

『クロワッサン』1006号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。