動物版組体操にハマる!?『どうぶつタワー』│山口恵以子「アプリ蟻地獄」 | 家電とデジタル | クロワッサン オンライン
くらし

動物版組体操にハマる!?『どうぶつタワー』│山口恵以子「アプリ蟻地獄」

  • イラストレーション・勝田 文
『どうぶつタワー』。かわいい動物たちをできる限り積み上げるシンプルなゲーム。無料。

読んで字の如く、画面に現れる動物を台に落下させ、ピラミッド状に積み上げてタワーを作るゲーム。動物版の組体操と言っても良い。

「フン。いい大人がそんなもん」

読者のみなさんの声が聞こえてきそうだが、ちょっと待って下さい。

やれば分る。ハマるんです、これ。

象、パンダ、白熊、ラクダといった大型から、ペンギンや亀、ヒヨコなどの小型まで、色々な動物がアトランダムに登場する。これを台に落とすのだが、着地点の目測を誤るとバランスを崩して台から落ちてしまうし、ピラミッドの角度が悪いと、落ちてきた動物はバウンドして台を飛び越えてしまう。その時点でゲームオーバー。

単純なようで、実は複雑だ。象がペンギンの上に着地することもあれば、ヒヨコがキリンの首でバウンドしてしまうこともある。

動物たちの動きは予測不可能で、大丈夫だと思ったのに足下をすくわれる展開が何度も起きる。

私は最高が十六頭だが、編集担当M氏は二十三頭のタワー作製に成功した。

悔しい! 負けるもんか!

動物を落下させることウン百回。気が付けばとっぷり日暮れていた。

あらら、冗談じゃない。締め切り迫ってるのに、どうしよう!?

何となく博打にハマる人の気持ちが分った。丁か半か、そんな単純なゲームに熱中して有り金巻き上げられてしまうなんて、アホかと思っていたが、逆だった。単純だからハマるのだ。

恐るべし、どうぶつタワー。

山口恵以子(やまぐち・えいこ)●作家。最新刊『ふたりの花見弁当 食堂のおばちゃん4』(ハルキ文庫)。

『クロワッサン』984号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE